シルク・ドゥ・ソレイユ「オーヴォ」福岡公演

2015年2月20日、約2,400人もの観客が会場を埋め尽くす中、シルク・ドゥ・ソレイユによる日本公開最新作「オーヴォ」福岡公演が開幕した。

「オーヴォ」は自然の中で自由に生きる虫たちの世界を描いた作品で、シルク・ドゥ・ソレイユならではの芸術性を融合させた圧巻のパフォーマンスで、たくましい「いのち」が生き生きと躍動する姿を表現している。

グラマラスでかわいいレディーバグ(てんとう虫)に、大きな玉子を背負ってどこからともなく登場するフォーリナーが一目惚れしてしまう。そんなふたりを見守るマスター・フリッポを交えた3人がコミカルでかわいい恋物語を演じる。

注目は、フォーリナーを演じる、日本人として初めて主役を務める谷口博教さん。独自のユーモアと、虫の羽の音や動きなど細部にも気を配った彼の演技に、誰もが目を惹き付けられてしまう(当初はウォールに登場するコオロギ隊として参加していた谷口さん、目を引くことを理由に途中から主役に抜擢されたのだとか)。

演目は、アンツ(蟻)やバタフライ(蝶)、ウェブ(蜘蛛)など虫たちをテーマとしており、それぞれの特徴を巧妙にとらえた動きで、妖艶な踊りや人間業とは思えない奇跡のアクロバットなどが次々に披露される。

可愛らしい5人娘が超高度な足技を繰り広げながらも、いつも一糸乱れず団体行動をとる姿が可愛らしいアンツ、サナギから孵化してつがいとなった2匹のバタフライがロープ片手に美しく舞い、コガネムシは舞台のはるか上を命綱なく飛び回るスリリングな空中曲芸をみせる。緩んで安定しない綱の上を逆立ちや一輪車で渡り信じられないバランス力を見せるスラックワイヤー…などなど、息を吐く暇もなく、数々の美しい技が披露される。

クライマックスではツアー史上最大のセットである、壁面とトランポリンを使ってスピーディで迫力ある空中技が、オリンピック級のアスリートであるメンバーの身体能力によって、余すところなく次から次へと凄技が披露される華麗なるパフォーマンスに、観客は口を閉じることも忘れ、ただただ感銘の声と拍手を繰り返す。

ポルトガル語で「玉子」を意味する「オーヴォ」。
驚きの合間にも笑いあり、感動ありの福岡公演は2015年4月5日まで。
イベント詳細:http://fukuoka-now.com/ja/event/ovo-cirque-du-soleilovo-cirque-du-soleil-coming-to-fukuoka/

NOW読者限定のお得なチケット情報
フクオカ・ナウでは読者のためにシルクドゥソレイユによるサーカスを超えたエンタテイメント「オーヴォ」のチケットを特別価格で用意しました。通常価格から大人は1,500円割引、子供は1,300円割引で販売します。

◎ 2015年2月25日(水)16時公演
 S席大人(通常10,000円)→NOW特別価格:8,500円
 S席子供(通常 6,500円)→NOW特別価格:5,200円

◎2015年2月28日(土)15時公演  
 S席大人(通常11,000円)→NOW特別価格:9,500円
 S席子供(通常 7,500円)→NOW特別価格:6,200円

◎2015年3月8日(日)11時公演  
 S席大人(通常11,000円)→NOW特別価格:9,500円
 S席子供(通常 7,500円)→NOW特別価格:6,200円

* チケット購入はこちらから!http://bit.ly/ovo-discount

Page Top