糸島カキ小屋ガイド2016

島半島にある漁港に建ち並ぶ温室(に見える建物)、実は現役漁師や漁業組合が期間限定で営業するカキ小屋。新鮮で美味しい牡蠣をキロ単位で注文し、炭火・ガス火を使って自分で焼いて食べるホームスタイルのカキ小屋は外国人観光客にも人気。年々訪問者を増やすホットスポットである。

台風の影響も少なく、少雨で暑かった夏の影響で今年の糸島カキは、例年より小さめの殻に通常の大きさの身が詰まって大漁とのこと。糸島の豊かな山と海の恵みを受けて育った糸島カキは芳醇でミルキーな甘さが特徴。糸島市内4漁港(福吉・加布里・船越・岐志)の全27軒と福岡市西区唐泊漁港の1軒、合わせて28軒のカキ小屋が2016年10月15日から順次営業を開始。10月28日には今シーズンの大漁と安全を祈願し、カキ大漁祈願祭が岐志漁港で開催された。
Fukuoka Nowでは漁港ごとの雰囲気や規模、牡蠣以外の魚介類などのオリジナルサイドメニューなど徹底調査。漁港ごとに異なるといわれる牡蠣がゆえ、好みの漁港やカキ小屋を見つけるのも楽しい。

Tips!!
・カキ小屋に行く時はカジュアルで暑さの調節がしやすい重ね着スタイルがおすすめ。炭火やガスのコンロを前に自分で焼くスタイルの為、外は寒くても牡蠣を楽しんでいる間は汗ばむほど。ちなみに各カキ小屋では洋服が汚れないようジャンパーレンタルサービスあり。

・カキ小屋によっては飲み物の持ち込みが可能。辛口のスパークリングワインや白ワインを持っていく達人も…。※各小屋に要問合せ

・おしぼり(濡れタオル)を持っていくと便利。
・荷物はできるだけコンパクトに!
・意外と早く焼ける牡蠣、焼くときには真剣に!
平たい面から先に2〜3分ほど焼き、ひっくり返して2〜3分。殻が開いてくればOK!(焼き過ぎは乾いて小さくなってしまうので注意)

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
注意:場所によって店休日が異なります。事前に電話で確認をしてください。

岐志 漁港
福岡県糸島市志摩岐志
店舗数:13
・豊久丸(とよひさまる)
・恵比須丸(えびすまる)
・徳栄丸(とくえいまる)
・のぶりん
・中宮丸(なかみやまる)
・大栄丸(だいえいまる)
・大黒丸(だいこくまる)
・高栄丸(こうえいまる)
・よしむら
・日進丸(にっしんまる)
・冨士丸(ふじまる)
・旭星(きょくせい)
・弘進丸(こうしんまる)

船越 漁港
福岡県糸島市志摩船越103
店舗数:8
・みわちゃんカキ
・豊漁丸(ほうりょうまる)
・マルハチ「引津丸」(まるはち「ひきつまる」)
・服部屋(はっとりや)
・千龍丸(せんりゅうまる)
・正栄(しょうえい)
・ケンちゃんカキ
・かきハウスもっくん

加布里 漁港
福岡県糸島市加布里1105-6
店舗数:2
・住吉丸(すみよしまる)
・ひろちゃん

福吉 漁港
福岡県糸島市二丈福井6067-7
店舗数:4
・伸栄丸(しんえいまる)
・白山丸(はくさんまる)
・飛龍丸/カキの阿部(ひりゅうまる/かきのあべ)
・カキのますだ(かきのますだ)

唐泊 漁港
福岡県福岡市西区小田池ノ浦海づり公園
店舗数:1
・恵比須(えびす)
福岡市西区にある唐泊で出す牡蠣は「唐泊恵比寿牡蠣(からとまりえびすがき)」。
2016年は10月29日より営業開始。

———————————————————————————————-
カキ小屋一覧
店舗名:豊久丸(とよひさまる)
場所:岐志
電話番号:090-1975-2915
営業時間:10:00~17:00(入店は16:00まで)
定休日:不定
開業時期:10月29日(土) ~ 3月末頃
収容人数:130人
予約:平日、土曜は予約可(日祝は11:00までに入店の人限定)
持ち込み可:飲み物、ご飯
サイドメニュー一部:牡蠣味付きメニュー(¥500~¥600)つぼ鯛の西京味噌焼き(¥880)極み特大カキフライ3個盛り(¥880)カキのアヒージョ(バケット付き¥980)飲み放題:アルコール(¥1,000〜)/ソフトドリンク(¥350)
2013年”九州の牡蠣No.1決定戦”で堂々の第1位を獲得したぷりっぷりの糸島ブランド濃厚みるくがき。おすすめは牡蠣味付きメニュー(6種・各¥500〜¥600)つぼ鯛の西京味噌焼き(¥880)極み特大カキフライ3個盛り(¥880)飲み放題はアルコール(¥1,000〜)/ソフトドリンク(¥350)から選べる。新メニューのカキのアヒージョ(¥980、バケット付き)はチェック!
ウェブサイト:http://toyohisamaru.com/

店舗名:恵比須丸(えびすまる)
場所:岐志
電話番号:090-7151-5975
営業時間:10:00~17:00 ※もしくは完売次第終了。
定休日:不定
開業時期:10月29日(土) ~ 4月頃
収容人数:100人
予約:予約可(電話のみ)
持ち込み可:飲み物、ご飯
サイドメニュー一部:恵比寿軍艦(一貫¥100)お子様セット(500円)牡蠣汁(150円)
岐志漁港に並ぶ牡蠣小屋の左端、青いジャンパーが目印の恵比寿丸。目玉メニューは牡蠣1kg、サザエ1個、ホタテ1個、海老1尾、ひおうぎ貝1個が入った恵比寿丸セット(¥2,000)と珍しい牡蠣の恵比寿軍艦(一貫¥100)。平日はサイドメニューの注文で牡蠣の味噌汁1杯サービス。
ウェブサイト:http://kakigoya.org/ebisu-maru.html

店舗名:徳栄丸(とくえいまる)
場所:岐志
電話番号:090-4355-5634
営業時間:10:00~17:00 ※もしくは完売次第終了
定休日:不定(年末年始に関しては電話で要確認)
開業時期:10月22日(土) ~ 3月下旬
収容人数:100人
予約:予約可(土日の予約はお早めに)
持ち込み可:飲み物、ご飯、トッピング
サイドメニュー一部:牡蠣のガンガン焼き(¥3,400)牡蠣のポタージュ(¥350)人気のよくばりセット(¥3,600)
福岡発の有名漫画のモデルにもなった徳栄丸。糸島初上陸の牡蠣のガンガン焼き(¥3,400)牡蠣のポタージュ(¥350)人気のよくばりセット(¥3,600)は牡蠣2kg、サザエ2個、ソーセージ2本、イワシ2尾、カキ飯2杯、もやしバターとボリューム満点。外国語メニュー(英語・韓国語・中国語)あり。
★FN読者特典★初回オーダー時にFacebookページにチェックインした画面提示で「ホタテ(小)プレゼント、又は食事代合計から100円引き」
ウェブサイト:http://tokueimaru.com/
Facebookページ:https://www.facebook.com/%E5%BE%B3%E6%A0%84%E4%B8%B8-304639196223759/

店舗名:のぶりん
場所:岐志
電話番号:090-7383-9558
営業時間:平日 10:00~16:00、土日 09:00~完売次第終了
定休日:金曜日、年末年始(12/31~1/4)
開業時期:10月29日(土)~ 3月頃
収容人数:80人(21テーブル)
予約:予約可(平日のみ、電話のみ)
持ち込み可:飲み物、ご飯、調味料
サイドメニュー一部:牡蠣シチュー(¥300)うちわえび(¥500〜)あなご丼(¥400)いくら丼(400円)
黄色の入り口が印象的なのぶりんはグループで楽しめるサイドメニューが豊富。新登場の牡蠣シチュー(¥300)は潮の香りとクリーミーな旨味が味わえる。うちわえび(¥500〜)や土日祝限定のあなご丼(¥400)もおすすめ。¥1,500コースは牡蠣500g、カニグラタン1個、ホタテ1個、牡蠣ご飯1杯。外国語メニュー(英語・韓国語・中国語)あり。
ウェブサイト:http://kakinonoburin.com/01.html

店舗名:中宮丸(なかみやまる)
場所:岐志
電話番号:090-7450-6009
営業時間:平日 10:00~16:00、土日 09:00~17:00 ※入店は閉店1時間前まで
定休日:火曜日、年末年始(12/31より約一週間)
開業時期:10月29日(土)~ 3月下旬
収容人数:160人(27テーブル)
予約:予約可(平日のみ、電話のみ)
持ち込み:飲み物、お弁当(ただし食べ物は火鉢で焼かないこと)
サイドメニュー一部:かきちゃあはん」(¥400)あじの一夜干し(¥500)ふぐの一夜干し(¥300)かき雑炊(¥450)
ガーリック香る名物の「かきちゃあはん」(¥400)の大きな看板が目印。全員に中宮丸自慢の牡蠣汁1 杯サービスあり。あじの一夜干し(¥500)ふぐの一夜干し(¥300)かき雑炊(¥450)チーズやピザソースなどのトッピング(¥50)でお気に入りの味を見つけてみては?
ウェブサイト:http://nakamiyamaru.net/

店舗名:大栄丸(だいえいまる)
場所:岐志
電話番号:090-4588-7068
営業時間:10:00~16:00 ※12/31~1/2は不定(電話にて要確認)
定休日:木曜日(電話にて要確認)
開業時期:10月29日(土)~ 3月末
収容人数:100人(24テーブル)
予約:一部予約受付(電話にて要確認)
持ち込み可:飲み物、ご飯、トッピング
サイドメニュー一部:牡蠣の丼(¥350)牡蠣の味噌マヨ焼き(¥200/2個)
牡蠣とイカが自慢の大栄丸はトッピングは持ち込みOK!2016年の新メニューは牡蠣の丼(¥350)牡蠣の味噌マヨ焼き(¥200/2個)、おきゅうとや牡蠣の佃煮などの季節の商品も販売している。写真付きの日本語メニュー、外国語メニュー(英語・韓国語・中国語)あり。
ウェブサイト:http://tabelog.com/en/fukuoka/A4009/A400901/40020894/

店舗名:大黒丸(だいこくまる)
場所:岐志
電話番号:090-5931-9893
営業時間:10:00~17:00(入店は16:00まで)
定休日:1月1日(その他、在庫によって閉店の可能性あり(電話にて要確認))
開業時期:10月 29日(土)~ 3月末頃
収容人数:120人(28テーブル)
予約:予約受付可(電話のみ)
持ち込み可:飲み物、ご飯(ただし食べ物は火鉢で焼かないこと)
サイドメニュー:ふぐ一夜干し(¥200)焼おにぎり(1個 ¥100)かきめし(1パック ¥250)クルマエビ(1尾¥300)穴子の素焼き(¥800)
おすすめは焼き牡蠣と一緒に食べるクルマエビ(1尾¥300)。口の中に広がるふたつの旨味是非味わってみてほしい。丸ごと1匹食べられる穴子の素焼き(¥800)は売切れ必至、早めに注文して。
ウェブサイト:http://www.daikokumaru.com/

店舗名:高栄丸(こうえいまる)
場所:岐志
電話番号:090-6290-0817
営業時間:10:00~16:00
定休日:水曜日、年末年始
開業時期:10月29日(土) ~ 3月末
収容人数:100人(20テーブル)
予約:予約受付可(平日のみ、電話のみ)
持ち込み可:飲み物、ご飯
サイドメニュー一部:ちゃんちゃん焼き(¥600)赤なまこ(一皿300円)鰯明太(¥300)
名物はキムチ風味の牡蠣のちゃんちゃん焼き(¥600)牡蠣+野菜+甘味噌をホイル焼きで焼いた一品、リピート率が高い納得のおいしさだ。年末からは赤なまこ(一皿300円)も登場。外国語メニュー(英語・中国語)あり。
ウェブサイト:http://kakigoya.org/koei-maru.html

店舗名:吉村(よしむら)
場所:岐志
電話番号: 092-328-2675
営業時間:10:00~16:00
定休日:不定、年末年始
開業時期:10月29日(土)~ 4月頃
収容人数:15人(4テーブル)
予約:予約受付可(電話のみ)
持ち込み可能:飲み物、ご飯、おかず
サイドメニュー一部:情報なし
牡蠣のみ提供。土日は小さいお子様連れの家族に牡蠣をサービスで多めに提供。

店舗名:日進丸(にっしんまる)
場所:岐志
電話番号:080-2757-0306
営業時間:10:00~17:00
定休日:不定、12月28日~1月5日
開業時期:10月 ~ 4月頃
収容人数:40席、天気のいい日は屋外に更に25席あり(11~16テーブル)
予約:予約受付可
持ち込み可:電話にて要相談
サイドメニュー一部:カニ爪(¥150 / 1個 )天然クロアワビ(¥1,000)干し魚(¥300~¥500/1袋)
大注目の天然クロアワビ(¥1,000~)。天気のいい日は屋外のみペット同伴可。水洗トイレ完備で子供連れも安心。お持ち帰り用の牡蠣購入でミニサイズのおまけがつくことも?英語が話せるスタッフ在中。
ウェブサイト:http://nissinmaru1503.wix.com/seaview

店舗名:富士丸(ふじまる)
場所:岐志
電話番号:080-5249-3824
営業時間:10:00~16:00
定休日:不定、12月31日~1月2日
開業時期:10月 ~ 4月頃
収容人数:110人(22テーブル)
予約:予約受付可(平日のみ、電話のみ)
持ち込み可:飲み物、ご飯、調味料
サイドメニュー一部:牡蠣のチーズフォンデュ(¥200)牡蠣のグラタン(¥350)牡蠣のピザ(¥800)
牡蠣のチーズフォンデュ(¥200)牡蠣のグラタン(¥350)牡蠣のピザ(¥800)など、他のカキ小屋では食べられないメニューが勢揃い!外国語メニュー(英語・韓国語・中国語)あり。
ウェブサイト:http://itomirai.web.fc2.com/simanet/fujimaru.htm

店舗名:旭星(きょくせい)
場所:岐志
電話番号:090-5290-0689
営業時間:10:00~17:00
定休日:不定、年末年始
開業時期:10月29 日(土) ~ 3月末
収容人数:50人(11テーブル)
予約:予約受付可
持ち込み可:飲み物、ご飯
サイドメニュー一部:活車エビ(1尾400円)活サザエ(1個150円)平戸の天ぷら(5枚入350円)
岐志産牡蠣「森のめぐみ」を使った牡蠣飯(1杯 ¥250)とクルマエビ(1尾 ¥450)がおすすめ。
ウェブサイト:http://kyokusei.net

店舗名:弘進丸(こうしんまる)
場所:岐志
電話番号:080-9245-6620
営業時間:10:00~16:00
定休日:火曜、1月1日(日)~1月3日(火)※12月30日~2月28日は販売のみ
開業時期:10月 ~ 3月末
収容人数:80人(16テーブル)
予約:予約受付可
持ち込み可:飲み物、サイドメニュー ※ただし食べ物は火鉢で焼かないこと
サイドメニュー一部:牡蠣フライ(¥600)
こうちゃんの愛称で呼ばれる弘進丸の1番人気は漁師が作る特製の絶品牡蠣フライ(¥600)。揚げたてサクサクの衣と牡蠣のジューシーさにハマる事間違いなし!

——————————

店舗名:みわちゃんカキ
場所:船越
電話番号:092-328-0222 / 090-5282-6932
営業時間:09:00~17:00(ラストオーダー16:30まで)
定休日:無し、1月1日~1月4日
開業時期:10月 ~ 3月末(4月は電話にて要確認)
収容人数:250人(38テーブル)
予約:予約受付可(日曜は11:00までに入店の方のみ)- 当日受付OK
持ち込み可:飲み物、おにぎり、調味料
サイドメニュー一部:穴子の刺身(¥1,000)穴子の天ぷら(¥1,200)
船越漁港の中でも特に大きく、牡蠣小屋ではなく牡蠣ハウスと呼ばれている。海が見ながら食べる糸島カキは最高!店内の生簀には数種類の魚介類を用意。アジやカワハギの刺身、塩焼きなども注文可能だ。
ウェブサイト:http://tabelog.com/en/fukuoka/A4009/A400901/40021601/

店舗名:豊漁丸(ほうりょうまる)
場所:船越
電話番号:090-5922-4802 / 092-328-0858
営業時間:10:00~18:00(ラストオーダー 17:00)
定休日:不定、年末年始 12月30日~1月3日
開業時期:11月 ~ 4月中旬
収容人数:30テーブル(ひとテーブルに8人ずつ計240人)
予約:電話にて要確認
持ち込み可:飲み物、おにぎり
サイドメニュー一部:名物のカワハギ(¥1,600~)アジの活き造り(¥900)
船越漁港の3棟並んだ牡蠣小屋の真ん中豊漁丸。玄海灘を眺めながら食べる最高の糸島産牡蠣の旨さは格別!名物のカワハギ(¥1,600~)アジの活き造り(¥900)もおすすめ。
ウェブサイト:http://horyoumarusuisan.jp/

店舗名:マルハチ「引津丸」(まるはち「ひきつまる」)

場所:船越
電話番号:092-328-2001 / 080-5249-7714
営業時間:10:00~17:00
定休日:不定、1月1日~1月2日
開業時期:10月15日~ 4月頃
収容人数:150人(40テーブル)
予約:予約可(平日のみ)
持ち込み可:飲み物、おにぎり、トッピング
サイドメニュー一部:ねぎトロ丼(¥350)地だこのうま煮(¥300)マルハチ特製のアジ南蛮漬け(¥500)いくら丼(¥350)
開放感のある広い店内はグループ利用にもオススメ。おかわりしたくなるいくら丼(¥350)そして、地だこのうま煮(¥300)マルハチ特製のアジ南蛮漬け(¥500)は染み込んだ味の旨さと食感が食欲をそそる定番メニュー。
ウェブサイト:http://maruhachi-kaki.com/

店舗名:服部屋(はっとりや)
場所:船越
電話番号:090-8413-9191 / 092-328-1193
営業時間:10:00~17:00(ラストオーダー 16:00)
定休日:不定、1月1日
開業時期:10月15 日(土)~ 3月末
収容人数:320人(48テーブル)
予約:平日と土曜のみ(電話のみ)
持ち込み可:飲み物、ご飯、調味料
サイドメニュー一部:活たこ足の踊り食い(¥500)服部屋プリン(¥280)
活牡蠣で有名な服部屋、一緒に楽しんでほしいのが活たこ足の踊り食い(¥500)新鮮だからこそ感じられる吸盤の元気良さ、盛り上がること間違いなし!服部屋プリン(¥280)、地物 お土産コーナーの牡蠣のアヒージョ(小¥650、大¥1,000)(タレ¥100)も人気。外国語メニュー(英語・中国語)あり。
ウェブサイト:http://www.hattoriya.com/

店舗名:千龍丸(せんりゅうまる)
場所:船越
電話番号:090-3079-0045 / 092-328-1812
営業時間:10:00~17:00(ラストオーダー:16:30)
定休日:不定、1月1日
開業時期:10月 ~ 4月上旬
収容人数:200人(31テーブル)
予約:予約受付可
持ち込み可:飲み物、おにぎり
サイドメニュー一部:鯛茶漬け(¥500)牡蠣フライ(¥500)エビフライ(¥600)牡蠣のオイル漬け(¥730)
取材で訪れた多くの芸能人を絶賛させた鯛茶漬け(¥500)をはじめ牡蠣フライ(¥500)エビフライ(¥600)牡蠣のオイル漬け(¥730)など老若男女問わず人気のサイドメニューが魅力。

店舗名:正栄(しょうえい)
場所:船越
電話番号:092-328-1701 / 090-5724-1717
営業時間:09:00~17:00(ラストオーダー:16:30まで)
定休日:不定休、年末年始
開業時期:10月15日(土) ~ 4月頃
収容人数:約200人(30テーブル)
予約:予約受付可(土日は11:00まで来店の方限定)、当日の予約は、なるべく前日までの予約
持ち込み可:飲み物、おにぎり
サイドメニュー一部:おはぎ(¥120)伊勢海老のお造り(時価)ふぐの一夜干し(¥350)、じゃがバター(¥250)
各種クレジットカード利用可。地元食材にこだわった多彩なメニュー、土日限定のお楽しみは手作りおはぎ(¥120)豪華な伊勢海老のお造り(時価)からふぐの一夜干し(¥350)、じゃがバター(¥250)まで乾杯を盛り上げるメニュー計34種類。平日来店サービス(ししゃも、セルフサービスコーヒー)が狙い目!子供にはお菓子あり。
ウェブサイト:http://www.kaki-shoei.com/

店舗名:ケンちゃんカキ
場所:船越
電話番号:090-3077-0888 / 092-328-1138
営業時間:10:00~17:00(ラストオーダー:16:30)
定休日:1月1日
開業時期:10月15日(土) ~ 4月上旬(電話にて要確認)
収容人数:200人(40テーブル)
予約:10:10~20:00(土日祝は電話にて要確認)
持ち込み可:飲み物、ご飯、トッピング
サイドメニュー一部:うちわえび(¥500~)生ウニ(¥500)貴重な赤なまこ(¥500)牡蠣の甘酢あんかけ(¥500)牡蠣ジャン(¥500)
数量限定オール¥500の海鮮丼フェア開催中。焼き物、刺身からデザートまで50を超える豊富なメニューが魅力。冬限定のうちわえび(¥500~)生ウニ(¥500)貴重な赤なまこ(¥500)、新メニューの牡蠣の甘酢あんかけ(¥500)チャンジャ風に仕上げた牡蠣ジャン(¥500)も要チェック!ファミリーに嬉しい広々スペース。
ウェブサイト:http://www.kenchan-kaki.info/

店舗名:かきハウスもっくん
場所:船越
電話番号:080-2798-3022 / 092-328-1773
営業時間:10:00~17:00
定休日:不定、1月1日
開業時期:10月15日(土) ~ 4月3日(電話にて要確認)
収容人数:240人(40テーブル)
予約:予約受付可(平日のみ)
持ち込み可:飲み物、ご飯、トッピング
サイドメニュー一部:うちわえび(¥500~)うちわえびの刺身(¥1,000)うちわえびの味噌汁(¥500)海鮮丼(¥1,000)、ガーリック牡蠣チャーハン(¥400)、カキフライ(¥500)
自家でタネから育てた取れたてのこだわり牡蠣が味わえるのはもっくんだけ。今が旬!活きのいいプリプリのうちわえび(¥500~)うちわえびの刺身(¥1,000)うちわえびの味噌汁(¥500)など貴重なうちわえびが心行くまで堪能出来る。
ウェブサイト:http://www.kakihouse-mokkun.com/

——————————

店舗名:住吉丸(すみよしまる)
場所:加布里
電話番号:092-323-0325 / 090-2710-7569
営業時間:09:00~17:00(ラストオーダー:16:30)
定休日:不定、12月31日~1月2日
開業時期:10月22日(土) ~ 4月中旬
収容人数:120人(35テーブル)
予約:予約受付可(当日予約可)
持ち込み可:飲み物、おにぎり
サイドメニュー一部:牡蠣シュウマイ(¥200・1個)牡蠣の天ぷら(¥500)海苔の佃煮(¥650)天然ハマグリ(¥100~)
平日先着20名様にサザエ1個プレゼント。住吉丸名物の牡蠣シュウマイ(¥200・1個)と特製ポン酢で食べる牡蠣の天ぷら(¥500)は絶品。お土産に加布里産海苔の佃煮(¥650)をどうぞ。LINE登録で割引サービスあり。
ウェブサイト:http://kafuri.com/kaki/

店舗名:ひろちゃん
場所:加布里
電話番号:090-5295-3020 / 092-322-4270
営業時間:09:00~完売次第終了
定休日:不定、12月31日~1月3日
開業時期:10月29 日(土)~ 3月下旬
収容人数:120人
予約:当日予約不可
持ち込み:飲み物、ご飯
サイドメニュー一部:天然あわびの地獄焼き(時価)あつあつカニ汁(¥250)
ハマグリ、赤えびが入ったボリューム満点の牡蠣セットメニュー(¥2,000/¥3,000)に天然あわびの地獄焼き(時価)あつあつカニ汁(¥250)などここでしか食べれないメニューがズラリ。待合室とひろちゃん牡蠣専用男女別トイレ完備でファミリーも安心。
ウェブサイト:http://www.hirochankaki.com/ / http://ameblo.jp/hirochankaki/

——————————

店舗名:伸栄丸(しんえいまる)
場所:福吉
電話番号:092-326-6697 / 090-1511-0825
営業時間:09:00~17:00
定休日:不定、1月1日
開業時期:10月29日(土) ~ 3月下旬
収容人数:100人(40テーブル)
予約:当日予約可
持ち込み可:飲み物、ご飯、ウィンナー、肉
サイドメニュー一部:車海老セット(¥1000/3尾)
自慢のアジゴの干物に車海老セット(¥1000/3尾)、魚介類も肉も楽しめる人気店。ピンクの旗が目印。
ウェブサイト:http://shineimaru-sasaki.com/

店舗名:白山丸(はくさんまる)
場所:福吉
電話番号:090-2081-5238 / 092-326-6625
営業時間:10:00~17:00
定休日:不定、販売は12月31日午前中まで、正月休みは要問合せ
開業時期:11月12 日(土)~ 3月中旬頃
収容人数:70人(12テーブル)
予約:当日予約可
持ち込み可:飲み物、ご飯
サイドメニュー一部:福吉産スルメの一夜干し(¥500)アジの丸干し(¥200)トウモロコシ(¥300)フランクフルト(¥300)
子供も大人もテンションが上がる目の前に広がる玄海灘。福吉産スルメの一夜干し(¥500)アジの丸干し(¥200)に加え今年からトウモロコシ(¥300)フランクフルト(¥300)も仲間入り。

1417220420419

1417220462323

1417220476034

店舗名:飛龍丸/カキの阿部(ひりゅうまる/かきのあべ)
場所:福吉
電話番号:090-1923-2548 / 092-326-5774
営業時間:10:00~17:00(最終入店16:30)
定休日:不定、年末は12月31日15:00頃まで、正月休みは要問合せ
開業時期: 10月29日(土)~ 3月末頃
収容人数:100人(21テーブル)
予約:要予約
持ち込み可:飲み物、ご飯(平日は肉OK)
サイドメニュー一部:
ハサミで好きな大きさに切って食べられる新鮮なイカ、アジの開き丸干しはチェック。不定期販売の特製どんぶりに出会えたらラッキー!人気の土日限定セットは2017年2月販売予定。
ウェブサイト:http://kakigoya.org/hiryu-maru.html

店舗名:カキのますだ
場所:福吉
電話番号:092-326-5262 / 090-3602-8902
営業時間:09:00~17:00
定休日:不定、1月1日~3日
開業時期:10月29日(土)~ 3月末
収容人数:150人(40テーブル)
予約:要予約(土日は11:30まで受付)
持ち込み可:飲み物、ご飯
サイドメニュー一部:青森産ホタテ(¥350/2個)平戸産ひおうぎ貝(¥200/1枚)
6種のトッピング無料(ポン酢、醤油、マヨネーズ、マーガリン、一味とうがらし、レモン)。産地直送の青森産ホタテ(¥350/2個)平戸産ひおうぎ貝(¥200/1枚)も味わってみて。平日のJR利用で全員に生ビール(小)を一杯サービス※スタッフに声かけて!英語メニューあり。
ウェブサイト:http://kakinomasuda.com

店舗名:恵比須(えびす)
場所:唐泊
電話番号:092-809-1047
営業時間:平日11:00~17:00、土日祝11:00~18:00
定休日:木曜日、年末年始
開業時期:11月 ~ 4月頃
収容人数:300人(約80テーブル)
予約:不要
海釣り公園そば、唐泊で唯一のカキ小屋である唐泊漁協が経営する恵比寿。唐泊恵比須牡蠣が食べたいならここ!無料駐車場あり
ウェブサイト:http://fukuokashigyokyo.com/ichi/ebisu.html

––––––––––––––––––––
注意:掲載情報は2016年10月28日時点のものです。これらの情報等が主催者によって変更される場合がございますので、変更等にお気づきの際にはフクオカ・ナウまでご連絡ください。

Page Top