Now Reports

潮干狩りガイド2018

先になると、遠浅の海辺や河口に多くの人々がしゃがみ込んで何かをしている…こんないつもとは異なる光景を目にしたことがある人も多いはず。

潮干狩りの歴史は長く、平安時代の絵画や、江戸時代の浮世絵にも描かれている風物詩のひとつ。潮の干満の差が激しく、大きく潮が引いて、且つ、気温がちょうどいい春先から初夏にかけてが潮干狩りに最適だ。

自然に触れることができ、さらには美味しいお土産付きの潮干狩りは、家族連れや友人同士で楽しむことができる人気のレジャー。みんなで出かけて、太陽の下で泥まみれになりながら貝掘りに励み、収穫した貝を持ち帰り、一緒に食卓を囲んで体験談に花を咲かせるのも楽しい。

外国人の潮干狩り初心者はもちろん、潮干狩り未体験の皆さんに、フクオカ・ナウが潮干狩りを満喫するためのノウハウをまとめました。出かける前の準備から、貝掘りのちょっとしたコツ、そして、福岡の潮干狩りスポットを一挙ご紹介します!

シーズン

潮干狩りのシーズンは3月半ば〜6月上旬にかけて。屋外で水びたしになりながら掘るため、気候が良いことはもちろんだが、あさりが産卵期に備えて栄養を蓄え、身が太って美味しくなるのも理由の一つ。3月はまだ寒い日もあるため、4月から5月にかけての大潮時がベスト。
ゴールデンウィークは特に、家族連れなどでで賑わう。大ぶりの立派な貝を狙うなら、他の人よりも早くに出かけるのがおすすめ。

2018年4月下旬から5月にかけての福岡市近隣で潮干狩りに適した日は以下の通り。
4月9日(月)〜15日(日)、23日(月)、29日(日)
5月8日(火)〜15日(火)、22日(火)〜29日(火)

潮の満ち引きチェック

潮干狩りに大事なのは時間帯。潮干狩りに最も適しているのは干潮の2時間前後。せっかく予定を組んで海に行っても、一日中貝を掘れるわけではない。計画を立てる際には、必ず潮の引く時間帯を調べて出かけよう。
詳しくは海上保安庁の潮干狩りカレンダーをチェック。ベストな時間帯を狙おう!

潮干狩り必須アイテム

熊手(くまで)
手で砂を掘るのは大変。あまりガシガシ掘りすぎるとせっかくの貝を傷つけてしまうから、やさしく、ね。

ゴム手袋
ベテランになると、熊手やスコップを使わずゴム手袋をつけて手で掘る人もいるとか。貝殻などで手を怪我してしまう可能性もあるので、薄いゴム手袋をつけて貝を掘ろう。

長靴
ビーチサンダルでも出来るけれど、砂などが入って痛くなるため長靴がおすすめ。潮干狩り場は貝殻などが落ちていて危ないので、素足は危険だ。貝掘りの達人は靴下で砂地に入って、砂の感触の違いで貝の居場所を探すらしいけど、素人は長靴をはこう!

帽子
潮干狩りシーズン、日中はかなり暑くなるため、熱中症対策や日焼け帽子のために帽子は必須。下を向いての作業は、首周りにも注意!

タオルと着替え
汗をかいたり、汚れたり…潮干狩りは泥まみれになって楽しむもの。タオルと着替えは必ず持って行こう。

クーラーボックスと保冷剤
採った貝を美味しく食べるには生きたまま持ち帰ることが大切。暑い日は、貝を入れるためのクーラーボックスと保冷剤を用意したい。

ペットボトル
持って帰ったあさりの砂を抜くには、採取地の海水で砂抜きをするのがベスト。帰りがけにあさりと一緒に現地の海水を汲んで持ち帰るために空のペットボトルがあると便利。

バケツ
袋をもらえるところもあるけれど、バケツを持って行くと便利。

くわと塩
マテ貝掘りに行くなら絶対に必要なアイテム。マテ貝はこの二つがないと、いくらスコップで掘っても取れません。

いざ潮干狩り!

まずはあさりの住処を見つけよう。あさりは集まって生息する習性があるため、最初のひとつを見つけられるかが重要。潮がひいた後の砂をよく見てみよう。狙い目は砂が少し出っ張っている部分とへこんで水が溜まっている部分の境目の傾斜部分。

傾斜面がわかりにくい場合は、「あさりの目」を探そう。
え?あさりの目ってどんなもの?「あさりの目」とは実際の目のことではなく、引き潮で海水がどんどん引いて水がなくなるときに、あさりが出していた水管を引っ込めるときにできる穴のこと。

あさりのいそうな場所を見つけたら、熊手で5cmくらいの深さを広く浅く掘っていこう。出てこなかったらスパッと諦めて次の場所へ。あさりは一つ見つかると同じ場所からたくさん出てくるよ。

マテ貝はあさりのように掘って採るのではなく、くわで砂を均して、マテ貝の住処に塩を撒いて、出てきたところを指でキャッチ!気になる人は動画をチェック!

自然の掟とルールを守ろう!

• あさりは海の資源。毎年潮干狩りを楽しめるのは、貝が一年かけて成長をするから。3cmに満たないような小さなあさりは採っても家に持ち帰らず、海に戻してあげよう。(福岡県漁業調整規則)

• 有明海、瀬戸内海などでは干満差が大きく、1時間のうちに1m以上潮位が上がることも。潮干狩りに夢中になって干潟に取り残されないように気をつけよう。

• 家族で一緒に潮干狩りに行く時は、子供から目を離さないように!

• 漁業権による潮干狩り禁止区域や立ち入り禁止場所には入らないようにしよう。

• とってはいけない貝の種類の大きさや、使ってはいけない漁具があるので、場所ごとのルールを予め確認しよう。

貝毒に注意!
よくいう「貝にあたる」という症状は貝毒による食中毒によるものが大半。日照時間が増え、海水温が上がる潮干狩りシーズンは、毒性を持つプランクトンが最も発生する時期でもある。この毒性を持つプランクトンの大量発生で、貝が毒化することがあるのだ。福岡県では筑前海、有明海、豊前海の各二枚貝漁場で検査が実施されていて、この貝毒の原因となるプランクトンが大発生した時にはマスコミなどを通じて公表されるようになっている。気になる人は日頃からニュースもチェックしておこう。この毒は、加熱処理をしても毒性が消えることはないので要注意!

福岡で採れる主な貝の種類

あさり
泥の多い砂場に生息。からの表面の模様は様々で、同じものはないと言われている。味噌汁や酒蒸しにして日本風に楽しむもよし、バター焼きやパスタ、いろいろな食べ方で楽しめる。

—–

マテ貝
泥の多い砂場に生息。細長くてあさりと同じ場所でよく見つけることができる。

—–

Photo: Jun331

ハマグリ
泥の少ない砂浜に生息。あさりよりも大きく、美しい光沢のある厚いからが特徴。

英語で潮干狩り

外国人のお友達と一緒に楽しもう!

潮干狩り:Clam digging
干潮:Low tide
満潮:High tide
掘る:(To) dig.
熊手: Hand-rake
貝(一般的に):Clams
あさり:Japanese littleneck
マテ貝: Gould’s razor shell
ハマグリ:
大きい: Big
小さい: Small
たくさん: A lot
少し: A little
採れた?: How did the clam picking go?

福岡の潮干狩りスポット

今津海岸
貝の種類:あさり(*あさり以外の生物の採取は禁止)
料金:中学生以上¥500、小学生¥200、一人一袋まで(袋代 ¥100)
入漁期間:3月〜5月の大潮時のみ。時間は日によって異なる。
施設:公衆トイレ有、駐車場150台(無料)
アクセス:JR「今宿駅」→昭和バス「西の浦」行きで10分、日赤入口で下車、徒歩10分
電話番号:092-806-2121(福岡市漁業協同組合浜崎今津支所)
Website

——–

行橋市海岸線 長井浜海水浴場
貝の種類:主にマテ貝
料金:中学生以上¥500
営業時間:特になし
施設:公衆トイレ有、駐車場200台
アクセス:JR行橋駅→太陽交通バス長井線で15分、長井浜で下車、徒歩すぐ。
電話番号:0930-22-4780(行橋市漁協長井支所)
Website

——–

豊前海岸

宇島地区
貝の種類:あさり(一人2kgまで)
料金:¥500
入漁期間:4月21日(土)〜5月31日(木)12:00〜日没まで
休み:4月23日(月)〜26日(木)、5月7日(月)〜11日(金)、21日(土)〜25日(金)
施設:公衆トイレ有、駐車場100台
アクセス:JR豊前宇島駅より徒歩15分
電話番号:0979-83-2228(豊築漁業協同組合本所)
Website

八屋地区
貝の種類:あさり(持ち帰りは指定の袋のみ可)
料金:入漁料として1ネット¥500 ※漁協が指定するネット以外に入れて持ち帰ること不可。
入漁期間:4月1日(日)〜5月31日(木)時間は日によって異なる。
休み:4月5日(木)〜11日(水)、20日(金)〜25日(水)、5月5日(土)〜10日(木)、19日(土)〜24日(木)
施設:駐車場100台
アクセス:JR豊前宇島駅より徒歩15分
電話番号:0979-83-2179(豊築漁業協同組合八屋支所)
Website

松江浦地区
貝の種類:あさり、マテ貝
料金:入漁料として¥500 ※入漁料は、海遊びのみの場合も徴収
入漁期間:2月28日(水)〜5月18日(金)(大潮時)
休み:4月5(木)〜14日(土)、20日(金)〜25日(水)、5月5日(土)〜11日(金)
施設:駐車場50台
アクセス:JR豊前松江駅より徒歩10分
電話番号:0979-83-2716(豊築漁業協同組合松江浦支所)
Website

——–

浜の宮海岸
貝の種類:あさり
料金:¥500(小学生以下無料)
入漁時間:特になし
施設:公衆トイレ有、駐車場150台
アクセス:JR椎田駅から徒歩10分
電話番号:0930-56-0300(築上町役場)
Website

——–

室見川
貝の種類:あさり、マテ貝
料金:無料
入漁時間:特になし
アクセス:地下鉄「室見川駅」より車で10分
Website

——–

和白干潟
福岡市東区 和白干潟
貝の種類:あさり
料金:無料
入漁時間:特になし
アクセス:西鉄「和白駅」より徒歩10分
Website

––––––––––––––––––––
Originally written in March 2016, updated April 2018.
Copyright Fukuoka Now – including all text, photos and illustrations. Permission required to re-use in any form. Meanwhile, feel free to link to to this page.

NOTE: The information presented here was gathered and summarized by the Fukuoka Now staff. While we have done our best to check for accuracy, there might be errors and details may have changed. If you notice any errors or changes, please contact us. This report was originally written in March 2016.

Category
Guides
Fukuoka Prefecture
Fukuoka City
Published: Apr 12, 2018 / Last Updated: Apr 12, 2018

ページトップに戻る