05- nicolai bergmann

ニコライ・バーグマン展覧会『新花-SHINKA-』

デンマーク出身のフラワーアーティスト、ニコライ・バーグマン。1998年の来日以来…

Read More
04 - gift show

第12回福岡インターナショナルギフト・ショー2016

今年で12回目を迎える九州最大規模のギフトと生活雑貨の国際見本市…

Read More
city art

日本にある街 – 福岡の幻影的肖像

1991年から福岡に暮らすフランス出身のバンド・デシネ作家、ヴァンサン・ルフランソワ。日本に住む外国人として、文化に慣れすぎない姿勢が、日常風景への独特の視点を生む。自身が帰化した街や通りなど象徴的な場所を背景として描く物語は、現実の…

Read More
event01_artaquarium

アートアクアリウム展 ~博多・金魚の祭~

アクアリウムとアートを融合させた五感で感じる全く新しい空間がJR博多シティにやってくる!和をモチーフにデザインされた水槽と光・映像など、最新の演出技術が融合した水中アートの演者は金魚たち。鮮やかな生きた芸術品の競演は…

Read More
DavidBowie

鋤田正義×デヴィッド・ ボウイ写真展

今年1月に英国出身ロックスター、デヴィット・ボウイ死去のニュースを受けて、生前、彼のポートレートを撮影した、福岡出身のカメラマン鋤田正義のボウイ写真展『JUST FOR ONE DAY』が、急遽開催決定。会場には、鋤田正義撮影の著名なポートレートが多く展示される。鋤田正義の「カメラマンとして福岡に恩返しがしたい」という熱い思いから、1972年から2004年までの40年以上にも及ぶコラボレーション作品計20点が揃い、ボウイの決定的なポートレートとなった…

Read More
07 - motor show fukuoka

福岡モーターショー2015

前回は過去最高の14万7千人が訪れた2年に一度の車とバイクの祭典、福岡モーターショー。今年は「クルマとあけよう 未来の扉」をテーマに…

Read More
12_Hakata Ori Exhibition

博多織求評会

113回目を迎える博多織新作の品評会。全国の織物集散地の方や、各界で活躍中の文化人の方々を中心とた厳正なる審査のもとに選ばれた作品に賞が贈られます。審査が終わった後は一般にも公開される。会場の承天寺は、博多織発祥の地でもあり、ふだんは拝観できない境内が年に一度、この博多織求評会のために一般公開される機会でもある。お気に入りの博多織に投票したり、紅葉や枯山水の庭での野点の茶会(有料)など。着物で来場するとプレゼントがもらえる。

Read More
art in museum

魔法の美術館 ー フクオカ・ナウ読者特典!

見て、触れて、参加できる、インタラクティブなアート作品が一同に集まった、新たしい体験型の展覧会が福岡にもやってくる!自分の影がスクリーンの中のボールを動かしたり、撮影された自分の顔がスクリーン上で処理されて、みるみるうちにペイントが施されたり、自分の動きに反応し、光や音が新しい魔法のような世界を作り出してくれる…

Read More
Ukiyoe feat

肉筆浮世絵の世界展 ー読者特典付き

浮世絵といえば版画、「錦絵」といったイメージが一般化してしまっているが、浮世絵師の多くは、筆で描いた「肉筆画」つまり「肉筆浮世絵」を制作していた。最初から最後の一筆まで浮世絵師が手がける一点ものの浮世絵には、浮世絵師の力量が余すところなく発揮されている。約170点に及ぶ「肉筆浮世絵」の展示会場には…

Read More
2. mifuneyama 2

御船山楽園 納涼竹あかり

1845年開園の15万坪の広さを誇る由緒正しき日本庭園、御船山楽園を5,000灯の柔らかな和の灯火で彩る”納涼〜竹あかり”…

Read More
Page Top