Now Reports

見て、聞いて、触れて、恐竜を学ぶ、特別展「恐竜 DINOSAUR」

年9月にオープンした福岡市科学館にて、恐竜展が3月17日より開催されている。
近年、恐竜研究は躍進し、長年の課題であった恐竜と鳥との関係が明らかにされたことに加え、脳の研究や骨や歯化石の微細構造、軟組織の研究などが進み、恐竜の“生物学的”な側面の解明が進むなど、今まで分からなかった恐竜の謎が次々に明らかになっている。

今回の特別展「恐竜 DINOSAUR」では、「恐竜の復元」をテーマに、研究の進歩に伴う恐竜の姿と復元の歴史の変遷に加え、現在の恐竜“像”について多様な骨格標本や生体復元模型、ロボット等で科学的に恐竜が紹介されている。六本松駅に隣接している新スポットでの恐竜展、Fukuoka Nowスタッフによる英文レポートも公開中。

見どころたくさん!
・迫力!全長10メートル超えるアクロカントサウルスの全身骨格


1億年前にアメリカ大陸に生息したアクロカントサウルス(高い棘突起をもつトカゲ)は、高く盛り上がった背中の骨が特徴。全長10メートルを超える、当時最大級の肉食恐竜の大きさを体感できる。

・全身骨格や角竜類の頭骨比較展示など分かりやすく展示

復元画像や全身骨格はもちろん、実際に恐竜の骨や歯の化石に触れることができる。化石の大きさや、皮膚の凸凹具合の再現を見落とさないように!

・リアルに復元された恐竜にエサをあげよう!

長い首が特徴的な草食恐竜「ブラキオサウルス」のロボットが登場。大好物の葉っぱをあげると瞬きする姿がとってもキュート!

他にも、恐竜グッズなどバラエティ豊かなアイテムも販売。恐竜の顔の形のゆで卵が作れるキッチンアイテムや、ディティールにこだわった恐竜バックパックなど、期間中会場で購入できる。

特別展「恐竜」〜よみがえる恐竜のすがた〜
・2018年3月17日(土)〜5月13日(日)
・9:30〜18:00(最終入場17:30)
・休館日:火曜(3/27、4/3、5/1は開館)
・当日券:一般¥1,200、高校生¥900、4歳以上中学生¥700
・福岡市科学館 3F企画展示室
福岡市中央区六本松4-2-1
092-731-2525
http://www.fukuoka-now.com/en/event/special-dinosaur-exhibition-in-fukuoka/

Category
Others
Published: Apr 2, 2018 / Last Updated: Apr 2, 2018

ページトップに戻る