Food & Drink

五穀

1999年オープン以来、キッチンを終始取り仕切るのはオーナーシェフ梅林靖史さん。調理に真摯に向き合い、来店客の8割近くがオーダーするという看板メニューオムライスから、デザートのスイーツまですべて彼の手によるものだ。ランチタイムや週末となると行列をなす客の目当てはオープンスタイルのオムライス。食感のよい麦入りご飯に、たっぷりの明太子が混ざったバターライスに乗ったふんわりオムレツの中心を、そっとスプーンで線を描くようになぞると、半熟の卵がプルんとはじけて、こんもりと盛られたピンク色のライスに覆い被さる。卵2個とモッツァレラチーズ、牛乳のシンプルな食材と、絶妙な火加減で織り成す絶品オムライスは、まずはケチャップをつけずに味わってほしい。
以前は関東で働いていた梅林さん、博多で水産業に携わる家族が送ってくれる明太子を使ったオムライスが友人らに好評だったこともあり開業時にメニュー入りをはたした。他にも家族の協力を得て仕入れられる新鮮なマグロを使った丼や、牛乳を使ったリゾット風のミルク粥など、年齢性別問わず、みんなが笑顔で安心して食べられるやさしい味わいのお米を使ったメニューが揃う。ボリュームも充分にあるので、込み合うランチタイムを外してゆっくりご飯を食べに出かけたい。

五穀
住所:福岡市中央区赤坂2-1-8-1F
営業時間:11:00~22:00(L.O.21:30)
定休日:月曜、第一火曜
電話:092-716-5766

明太子オムライス¥820(ソフトドリンク付¥980、ミニサラダ+¥160)、焼き肉オムライス ¥820、いくらごはん(味噌汁付)¥880、まぐろ山かけごはん(味噌汁付)¥980、うなぎのひつまむし¥1,180、明太子茶漬け¥650、ミルクがゆ¥550、明太子のおかゆ¥650、ビール ¥400、グラスワイン ¥400、コーヒー¥320、野菜ジュース ¥320、ケーキ ¥100


View Gokoku in a larger map

Originally published in Fukuoka Now Magazine (fn187, Jul. 2014)

Category
Japanese
Tenjin
Published: Jun 27, 2014 / Last Updated: Sep 15, 2016

ページトップに戻る