Food & Drink

屋台花山

岡市に現存する約150軒の屋台のなかでも、他で類を見ない独特の雰囲気をもつ店が東区箱崎にある。日本三大八幡宮にも数えられる筥崎宮参道に屋台を構える「花山」は、中洲、天神、長浜など福岡市中心部のメジャー屋台群とは異なり、喧騒を離れた静かな立地でポツリと1軒営業している。まず特筆すべきは屋台の広さ。一般的な屋台は8~10席が主流だが、同店は全42席。常連客は“離れ”と呼ぶ別棟の客席も隣り合う。ただし、店内が広いといっても隣の客との距離は近い。肩を寄せ合う客同士のコミュニケーションなど、屋台の醍醐味も存分に楽しめる店だ。創業は1949年。18歳から屋台に入る2代目店主、花田博之さん(60歳)が腕を振るう料理は「しろ(豚の腸)」など炭火焼きの串物を中心に約40種。津屋崎の海水を煮詰めて作る自然海塩主体のシンプルな味付けがモットーで、各自好みで柚子を効かせた自家製ポン酢をつけて食べる。その他、シメの豚骨ラーメンもハズせない逸品。化学調味料を一切使わないため、スープはさっぱりとした飲み口で後味もいい。4月からは屋台の寒さよけの壁も取り外され、よりオープンな空間に。昨年からは日曜のみ昼12:00から営業しているので、新緑も楽しめる筥崎宮の散策途中に立ち寄ってみるのもいい。



屋台 花山
住所:福岡市東区箱崎1(筥崎宮参道
営業時間:17:00~翌1:00、日曜12:00~
定休日:月曜
電話:090-3320-3293

メニュー:
ラーメン¥600、しろ¥100、鳥皮¥100、四つ身¥100、アスパラ巻¥200、山イモ巻¥150、自家製ウインナー¥150、豚足¥400、和牛のサガリ¥350、鳥ステーキ¥900、生ビール¥500、梅酒¥400、ハイボール¥400、グラス赤ワイン¥500

Category
Japanese
Yatai
Higashi-ku
Published: Mar 27, 2015 / Last Updated: Jul 4, 2017

ページトップに戻る