Food & Drink

イタリアンベーカリー「ラ スピガ」

ォカッチャやチャバタなどのイタリアの食事パンに、たっぷりの具材が詰まった個性豊かなサンドが20種類近く並ぶショーケースを覗き込み、何を選ぶか迷いつつも今回はハム&トマトを選んだ。やわらかな陽があたるカフェスペースで、イタリアコーヒーの定番セガフレードのカプチーノをお伴に、外側はカリッと香ばしいパン、ロゼッタと、ジューシーなハムとトマトのシンプルな組み合わせは、ほのかな小麦の旨味と相まって癖になりそうだ。デザートには、クリームチーズとチョコ、オレンジピールで作った特製クリームを、オーダーしてから詰めるシチリアのお菓子カンノーロをがぶり。ヨーロッパ風インテリアに囲まれ、さながらイタリアのホテルで朝食を食べているような気になる。店内には、穀物を使ったずっしりしたパンや、フルーツを使ったデニッシュ、季節の野菜と卵がたっぷりのキッシュ、ビスコッティなどの焼き菓子含め、常時60種類近くが揃う。店長の末永博子さんは、パン職人として福岡のベーカーリー名店に9年間務め、自分にできることはないかと当時のボス、サイラーに相談して、イタリアンスタイルのベーカリーを共につくりあげた。毎日の生活に必要とされる楽しい場所になれば、と、末永さんはじめオール女性スタッフが笑顔で迎えてくれる。大濠公園近くにあるので、テイクアウトしてピクニックを楽しむのもおススメ。

イタリアンベーカリー「ラ スピガ」
住所:福岡市中央区大濠1-3-5-1F
営業時間:7:30~20:00
定休日:火曜日
電話:092-724-5810

サンド(チーズと卵¥280, ツナ¥300, ハム&トマト¥370, タルタルサーモン¥380)、食パン1山¥140、カプチーノ¥400、スープ¥300、モーニングセット¥480(平日7:30~10:00)、カンノーロ¥220

Originally published in Fukuoka Now Magazine (fn171, Mar. 2013)

Category
Western
Cafe
Chuo-ku
Published: Feb 28, 2013 / Last Updated: Jul 6, 2017

ページトップに戻る