Food & Drink

老松


1927年創業の老舗料亭、老松でお昼を一人からでも楽しむことができるようになった。日本料理を出す高級店「料亭」では、個室で料理だけでなく、器や室内、庭を楽しむのも醍醐味の一つだ。客人を迎える準備が整い水を打った玄関では、着物姿の大女将・上野恵子さんが丁寧に迎えてくれた。個室は、季節ごとに模様替えされる障子や襖、掛け軸、生け花で飾られており、細やかな気配りにただただ感嘆するばかりだ。藤原弘幸 料理長が手がける日本料理は、<1.先付け(前菜)、2.椀物(吸い物)、3.向付(刺身)、4.鉢肴(焼き魚)、5.強肴(炊き合わせ)、6.止め肴(酢の物)、7.食事(ご飯と味噌汁)8. 水菓子>のコース形式を基本に、季節感を堪能できるよう、様々な工夫が施されて提供される。例えば、先付けの一皿には、卵黄の味噌漬けを柿に見立てたものや、一般家庭の食卓には滅多に上らない伝統的な食材「菱」、ススキや紅葉した柿の葉などがアート作品のように木彫りの器に盛り付けられて出てきた。このように食材や調理方法、盛り付けによって季節感の『先取り・旬・名残』をバランス良く配することで、料亭での食事が、忘れがたい特別なものになるのだ。食材のもつ風味を最大限に引き出すために、丁寧に調理された品々は、一期一会。見た目も華やかな料亭・老松での食事は、一品一品愛でるようにゆっくり楽しみたい。

メニュー(別途消費税+サービス料)
お昼の会席¥6,000コース、¥8,000コース、¥10,000コース、夜の会席¥25,000〜

Originally published in the Fukuoka Now Magazine (fn215, Nov. 2016)

老松
Address : 福岡市博多区中洲中島町4-1 [ MAP ]
Open : 11:30〜14:00、17:30〜22:00
Close : 不定休
Category
Japanese
Nakasu
Published: Oct 28, 2016 / Last Updated: Mar 6, 2018

ページトップに戻る