NOWほたるガイド 2017

夏の風物詩、ホタル鑑賞。ホタルの出現は、桜前線と同じよう、日本列島の南から順番にあがっていきます。福岡での見頃は毎年5月下旬〜6月中旬。地域によっては既に出現しています。詳しくは蛍全線をチェックしよう!

5886685932_1954c1dbb8_z
Image source.

夕暮れとともに飛び始め、第一の見時は19時半から21時くらい。風がなくて蒸し暑い、雨の気配を感じる天候が、ホタルが活動的になる時=見時!
成虫になってからの寿命はわずか1〜2週間のホタル。その短い期間に、夜空に淡い光をともし、美しい幻想的な世界を見せてくれます。

JR博多シティ 仲見世ホタル夜市
博多の街中でホタルが見られる穴場スポット、JR博多シティアミュプラザ屋上の「つばめの杜ひろば」。鉄道神社の横にビオトープを設け、およそ100匹程のホタルを鑑賞できる。期間中の金曜、土曜は「ホタル夜市」を開催。駄菓子やドリンクの販売、夕方からは懐かしい縁日コーナーも出店。これからさらにホタルの数は増える見込みで、元気に活動する様子を楽しめるのは20時から21時頃だ。

・5月26日(金)、27日(土)、6月2日(金)、3日(土)、9日(金)、10日(土 )、16日(金)、17日(土)
・雨天時はエレベータホールで開催。荒天時は屋上閉鎖。
・18:00〜20:30
・無料
・JR博多シティアミュプラザ屋上 つばめの杜ひろば
福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1
・092-431-8484(JR博多シティインフォメーション)
https://www.jrhakatacity.com/event/e_00099.php

————

八女上陽町 ホタルと銘茶まつり2017
美しい自然が残る八女市上陽町。星野川にかかる2連アーチの石橋の側にある「ほたると石橋の館」を中心に、毎年ホタル祭りが開かれる。期間中特設されるホタル総合案内所で、ホタルの鑑賞スポットを聞いたり、新茶の無料接待を楽しむことができる。ホタルの鑑賞お勧め時間帯は、20時〜21時。蒸し暑く雨が降りそうな夜が、特にホタルが現れやすいという。週末は混み合うので、ゆっくり鑑賞したい場合は平日の夜間がおすすめ。

yame hotaru

・5月31日(金)〜 6月7日(水)
・ホタル総合案内所(18:00〜21:00/雨天時は休み)
・参加無料
・ほたると石橋の館
福岡県八女市上陽町北川内589-2
・0943-54-2219(上陽支所建設経済課)
http://www.city.yame.fukuoka.jp/kanko/1/1462943343540.html

––––––––––––––––––––

小塩ホタルまつり
ホタルの谷と呼ばれる「小塩」には、毎年多くの人がホタル鑑賞に訪れる。メイン会場の「ホタルの里広場」や、中崎会場、大持会場、白土会場でもホタルと出店を楽しむことができる。沿道には灯篭が灯され、ホタル鑑賞のムードを盛り上げる。車で行く際は、小塩小学校の臨時駐車場を利用しよう。午後8時過ぎあたりが見頃だとか

・6月2日(土)、6月3日(日)
・18:00〜
・メイン会場小塩ホタルの里広場
福岡県うきは市浮羽町小塩2469-1
・0943-77-4835(小塩地区自治協議会)
http://www.city.ukiha.fukuoka.jp/imgkiji/pub/detail.aspx?c_id=69&id=31

––––––––––––––––––––

大分県九重町 第24回宝泉寺温泉ホタル祭
宝泉寺温泉郷の中心を流れる町田川流域では、5月下旬からゲンジボタルが飛び始め、6月中旬からヘイケボタル、7月上旬にはヒメボタルが鑑賞できる。期間中の毎週土曜日は19時半より「旅館 九重」前の屋内特設会場にて、ステージイベントを開催。郷土芸能、バンド演奏、歌謡ショー、地元小学生によるホタルの飼育体験発表など、週替わりでイベントが行われる。

ホタル祭りあ

・6月3日(土)、10日(土)、17日(土)、24日(土)、7月1日(土)
・イベント開催 19:30〜
・九重旅館前
大分県玖珠郡九重町町田2424-1
・0973-73-5505(九重町観光協会)
http://www.kokonoe-k.com/

———–

辺春ホタルまつり
公園近くの辺春川ではゲンジボタルの乱舞を鑑賞できる。水を張った田んぼに、ホタルの光が映り込む情景が幻想的なムードを作り出す。祭り期間中は地元(立花町)の新鮮な野菜の販売など、出店も並ぶ。車で訪れる際は長瀬公園に駐車しよう。鑑賞スポットまでは長瀬公園から徒歩5〜6分。

・5月27日(土)、5月28日(日)
・17:00〜21:00
・長瀬公園
福岡県八女市立花町上辺春長瀬
・0943-36-0285(辺春地域復興会議)
http://www.yameshi-shokokai.jp/yamede/mederu2/680

———–

東峰村 第30回宝珠山ほたる祭
5月下旬から6月中旬にかけて、ホタルが乱舞する東峰村の宝珠山。毎年ほたる祭りが開催され、会場ではダンスやバンド演奏などのステージイベントの他、特産品が当たる抽選会などイベントが盛りだくさん!出店も数多く並び、毎年多くの人でにぎわう。宝珠山の川沿いは散策道が整備され、街灯も少なく間近でホタルを観ることができる。会場には駐車場がないので、臨時駐車場(JR宝珠山駅裏グラウンド)からイベント会場までの、無料バスを利用しよう!

ホタル乱舞1

・6月3日(土)17:00〜22:00
・ステージイベント 18:00〜22:00
・乱舞ピークは20:00〜21:00にかけて
・無料バス:16:00〜22:30(JR宝珠山駅裏グラウンドから会場まで)
・棚田親水公園広場
福岡県朝倉郡東峰村大字宝珠山3100
・0946-72-2313(東峰村役場 農林観光課)
http://toho-info.com/cont/news.html#news4

ナイトホタルウォーキング
ほたる祭に合わせて、東峰村を散策するウォーキングイベントが開催される。JR日田彦山線の宝珠山駅をスタートに約8キロ、3時間あまりのナイトウォーキング。参加費、事前申し込み不要で受付は当日15:30から18:30まで。

IMG_9946

・6月3日(土)
・スタート(宝珠山駅)受付時間15:30〜18:30
・ゴール(筑前岩屋駅)受付時間21:00まで
・参加無料
・スタート受付場所:JR日田彦山線「宝珠山」駅
宝珠山筑前岩屋駅
http://toho.main.jp/hotaru-walking.html

———–

妙法寺 ホタル自生一般公開
福岡市内で天然のホタルが見られる数少ないスポットの一つ、妙法寺。寺に親しみを持ってもらいたいと、2001年からゲンジボタルの繁殖を始め、境内の小川で自生するようになった。現在も蛍の繁殖や生態について研究中の住職は「東京大学水圏生命科学科卒業」という異色の経歴をもつ。6月3日(18:00開場)はモンゴルの馬頭琴奏者によるの無料コンサートも開催される(先着250名)。


width=”640″ height=”427″ />

myohoji3

・一般公開:5月26日(金)〜28日(日)、6月2日(金)〜4日(日)
・20:30〜23:00
・鑑賞無料
・妙法寺
福岡市中央区唐人町3-10-41
・092-751-4421
http://myouhouji.biz/event/

———–

第16回 宮若ほたる祭
今年で16回目を迎える宮若市のほたる祭。会場近くの川周辺には竹灯篭が並べられ、その明かりをたどっていくと数分でホタルの鑑賞スポットへたどりつく。会場ではバンド演奏やフラダンスなど様々なステージイベントが行われ、出店も充実!自家用車を利用する場合は「西鞍の丘総合運動公園」に駐車し、会場までは無料シャトルバスを利用しよう。6月10日(土)17:30〜はヴァイオリンとフルートの無料ミニコンサートも開催される。

・6月3日(土)15:00〜21:00 (雨天決行)
・無料
・旧 吉川小学校(ほたる鑑賞場所:黒水宮周辺)
福岡県宮若市脇田394-1
・0949-55-9090(宮若市観光協会)
http://www.crossroadfukuoka.jp/event/?mode=detail&id=400000007576&isSpot=1

———–

北九州香月・黒川地区
北九州市でも有数のホタルの名所、八幡西区香月地区。5月下旬から6月上旬にかけて香月地区に流れる黒川の石坂橋から梅崎橋付近には、約5,000匹のホタルが乱舞する。2016年のホタル祭りは5月28日、29日に開催されたが、ホタルの発生は例年より遅いためこれからが見頃になりそうだ。おすすめの観察日時は、日中に気温が上がった日の夜20時頃。車で訪れる場合は、香月中央公園の駐車場(21時まで200台駐車可)を利用できる。

katsuki kurokawa1

IMG_6853 (1)

・19:00 ~ 21:30
・無料
・北九州市立香月・黒川ほたる館周辺
福岡県北九州市八幡西区香月西4-6-1
・093−618−2727
http://www.city.kitakyushu.lg.jp/yahatanishi/file_0128.html

———–

注意:掲載情報は2017年05月22日時点のものです。これらの情報等が主催者によって変更される場合がございますので、変更等にお気づきの際にはフクオカ・ナウまでご連絡ください。

Page Top