Now Reports

ほたるガイド 2018

夏の風物詩、ホタル鑑賞。ホタルの出現は、桜の開花時期を知らせる「さくら前線」と同じよう、日本列島の西から東にあがっていきます。福岡での見頃は毎年5月下旬〜6月中旬です。地域によっては既に出現していますので、ホタル前線をチェックして、ホタル鑑賞に出かけましょう!

鑑賞タイミング
夕暮れとともに飛び始め、第一の見時は日が落ちた19時半から21時くらい。風がなくて蒸し暑い、雨の気配を感じる天候が、ホタルが活動的になる時=見時!
ホタルの生息は、きれいな水と緑の環境が整っている証し。しかも、成虫になってからの寿命はわずか1〜2週間。その短い期間に、夜空に淡い光をともし、美しい幻想的な世界を見せてくれます。


Photo: s58y

JR博多シティ ホタル鑑賞・観察会

博多の街中でホタルが見られる穴場スポット、JR博多シティアミュプラザ屋上の「つばめの杜ひろば」。鉄道神社の横にビオトープを設け、屋上生まれのホタルを鑑賞できる。期間中の金曜、土曜は「ホタル夜市」として、駄菓子屋が21時まで延長。


Photo: JR Hakata City

・5月25日(金)〜 6月16日(土) ホタル観察会は5月26日(土)19:00〜
・10:00〜23:00 (見頃は日没後~20:30頃)
・無料
・つばめの杜ひろば
福岡市博多区博多駅中央街1-1JR博多シティアミュプラザ屋上
092-431-8484(JR博多シティインフォメーション)
https://www.jrhakatacity.com/event/e_00987.php

妙法寺 ホタル自生一般公開

福岡市内で天然のホタルが見られる数少ないスポットの一つ、妙法寺。寺に親しみを持ってもらいたいと、2001年からゲンジボタルの繁殖を始め、今では境内の小川で自生するようになった。蛍の繁殖や生態について研究を続ける住職は、東京大学水圏生命科学科卒業という異色の経歴をもつ。6月2日(18:30開場)はモンゴル出身の馬頭琴奏者による無料コンサートも開催される(定員:先着250名)。


Photo: Myohoji Temple

・一般公開:5月25日(金)〜27日(日)、6月1日(金)〜3日(日)
・20:30〜23:00
・鑑賞無料
・妙法寺
福岡市中央区唐人町3-10-41
092-751-4421
http://myouhouji.biz/event.html

八女上陽町 ホタルと銘茶まつり2018

美しい自然が残る八女市上陽町。星野川にかかる2連アーチの石橋の側にある「ほたると石橋の館」を中心に、ホタル祭りが開かれる。特設されるホタル総合案内所では、八女の新茶の無料サービスも。ホタルの鑑賞お勧め時間帯は20時〜21時。蒸し暑く雨が降りそうな夜が、特にホタルが現れやすいという。週末は混み合うので、ゆっくり鑑賞したい場合は平日の夜間がおすすめ。


Photo: Yame City

・5月31日(木)〜 6月5日(火)(イベントは6月2日(土)・3日(日))
・鑑賞タイムは20:00〜21:00
・ホタル総合案内所(18:00〜21:00/雨天時は休み)
・参加無料
・ほたると石橋の館
八女市上陽町北川内589-2
0943-54-2219(上陽支所建設経済課)
http://www.city.yame.fukuoka.jp/kanko/1/1462943343540.html

辺春ホタルまつり

公園近くの辺春川ではゲンジボタルの乱舞を鑑賞できる。田植えが終わり、水を張った田んぼに、ホタルの光が映り込み、幻想的なムードを作り出す。祭り期間中は地元・立花町の新鮮な野菜を使った郷土料理などを販売する露店も並ぶ。車で訪れる際は長瀬公園に駐車しよう。鑑賞スポットまでは長瀬公園から徒歩5〜6分。


Photo: Hebaru Hotaru

・5月26日(土)、5月27日(日)、6月2日(土)、6月3日(日)
・17:00〜21:00(鑑賞タイムは19:30~21:00)
・長瀬公園
福岡県八女市立花町上辺春長瀬
0943-36-0285(辺春地域復興会議)
https://www.facebook.com/Hebaruhotaru/

小塩ホタルまつり

ホタルの谷と呼ばれる小塩地区。例年5月下旬から6月上旬にかけて、ホタルを鑑賞できる。この時期は例年多くの人がホタル鑑賞に訪れ、地元の特産品などを販売する露店も出店し賑わいをみせる。夕暮れ時になると沿道に置かれた灯篭にホタルが誘われ、小塩川ではホタルの乱舞が始まる。見頃は20:00〜21:00。


Photo: Ukiha City

・6月1日(金)、6月2日(土)
・18:00〜21:00
・参加無料
・メイン会場:小塩ホタルの里広場
福岡県うきは市浮羽町小塩2469-1
0943-77-4835(小塩地区自治協議会)
http://www.city.ukiha.fukuoka.jp/imgkiji/pub/detail.aspx?c_id=17&id=128&pg=2

まむしの湯 ホタル観賞の夕べ

「まむし」の毒に噛まれた際の外傷薬として、弘法大師が湧き出させたという言われがある日帰り温泉施設、まむしの湯。ここから10分ほど歩いたところに、ホタルがたくさん飛び交う福吉川がある。期間中、毎日夜8時に集合すると、日本人ガイドが鑑賞スポットまで案内してくれる。施設利用者(入浴¥600)はJR筑肥線「福吉」まで無料送迎もあるので、ホタル鑑賞の前後に温泉も楽しむことができる。

・5月20日(日)〜6月上旬
・20:00まむしの湯駐車場集合(強風・雨天時は中止)
・無料
・まむしの湯(¥100OFFクーポン
糸島市二丈吉井2380-1
092-751-4421
http://www.mamushi-spa.co.jp/

東峰村 第31回宝珠山ほたる祭

5月下旬から6月中旬にかけて、ホタルが乱舞する東峰村の宝珠山。昨年の九州北部豪雨の被害で蛍の激減が懸念されるが、今年は、復旧と復興を願ってほたる祭りが開催される。会場では太鼓や吹奏楽団の演奏などのステージイベントの他、特産品が当たる抽選会などイベントが盛りだくさん!出店も数多く並び、毎年多くの人でにぎわうほたる祭り。宝珠山の川沿いは散策道が整備され、街灯も少ないため、間近でホタルを観ることができる。今年は、災害の影響で、会場付近には駐車することができないので、臨時駐車場(JR宝珠山駅裏グラウンド)に停めてイベント会場までは、無料のシャトルバスを利用しよう!


Photo: Toho Village Department of Agriculture and Tourism

・6月2日(土)16:00〜21:00
・ステージイベント 16:00〜
・見頃は19:00〜21:00にかけて(災害によりホタル鑑賞ができるかは不明)
・無料シャトルバス(ほたるバス):15:00〜21:30(JR宝珠山駅裏グラウンドから会場まで)
・棚田親水公園広場
福岡県朝倉郡東峰村大字宝珠山3100
0946-72-2313(東峰村役場 農林観光課)
http://toho-info.com/cont/news.html#news2

第26回北九州 香月・黒川ほたる祭り

北九州市でも有数のホタルの名所、八幡西区香月地区。5月下旬から6月上旬にかけて、香月地区に流れる黒川の石坂橋から梅崎橋付近には、約5,000匹のホタルが乱舞する。おすすめの観察日時は、日中に気温が上がった日の夜8時頃。期間中は香月・黒川ほたる館に露店が出店し、金水橋から石坂橋までの両岸が歩行者天国となり、周辺は賑わいを見せる。車で訪れる場合は、香月中央公園の駐車場(200台駐車可)または杉守神社の駐車場(150台)を利用できる。


Photo: Katsuki-Kurokawa Firefly Museum

・5月26日(土)、5月27日(日)
・19:00〜21:30
・無料
・北九州市立香月・黒川ほたる館周辺
4-6-1 Katsukichuo, Yahatanishi-ku, Kitakyushu City
093-618-2727 (Katsuki-Kurokawa Firefly Museum)
http://www.city.kitakyushu.lg.jp/yahatanishi/file_0128.html

大分県九重町 第25回 宝泉寺温泉ホタル祭

宝泉寺温泉郷の中心を流れる町田川流域では、5月下旬から7月上旬にかけてゲンジボタル、ヘイケボタル、ヒメボタルなど3種類のホタルが鑑賞できる。期間中の毎週土曜日は19時半より「旅館 九重」前の屋内特設会場にて、ステージイベントを開催。郷土芸能や歌謡ショーなども楽しめる。


Photo: Kokonoe-machi Tourism Association

・6月2日(土)、9日(土)、16日(土)、7月7日(土)(この日は七夕まつり)
・ステージイベント開催 19:30〜
・九重旅館前
大分県玖珠郡九重町町田2424-1
0973-73-5505(九重町観光協会)
http://www.kokonoe-k.com/

Originally written in May 2016, updated May 2018.
Copyright Fukuoka Now – including all text, photos and illustrations. Permission required to re-use in any form. Meanwhile, feel free to link to to this page.

NOTE: The information presented here was gathered and summarized by the Fukuoka Now staff. While we have done our best to check for accuracy, there might be errors and details may have changed. If you notice any errors or changes, please contact us. This report was originally written in May 2016.

Category
Guides
Fukuoka Prefecture
Hakata
Chuo-ku
Kitakyushu
Yame
Oita Prefecture
Published: May 22, 2018 / Last Updated: May 30, 2018

ページトップに戻る