福岡のとっておきの『かき氷』スポット特集

岡の暑い夏をクール&デリシャスに過ごすのに欠かせないのがかき氷!ふわふわの氷、フルーツを贅沢に使ったもの、日本の宇治金時から台湾式のもの、シンプルに蜜をかけたものからこってりトッピングしたものまで、趣向を凝らしたかき氷が続々と登場している。お気に入りのかき氷を見つけに、福岡の街に出かけよう!

kakigori

kakigori murakami 2014 086 (1)

福岡かき氷マップ

View かき氷 Kakigori – Summer’s Sweet Treat in a larger map

–––––––
レストラン&バー イン ザ パーク
真っ白でエレガントなかき氷に、6種類の可愛らしい小鉢。濃厚なミルク味のかき氷「クールアイス」が福岡に登場!ふわふわ優しいあまさのミルクアイスを淡雪のようなかき氷に仕立て、自分の好みで苺ソース、黒蜜、練乳、抹茶、きなこ、粒あんの6種類のトッピングをかける。ひとつのかき氷でいろいろな味を最後の一口まで楽しめることができる。

Screen Shot 2015-07-27 at 4.14.24 PM

Screen Shot 2015-07-27 at 4.15.47 PM

営業時間:11:30〜24:00 (ラストオーダー ランチ 14:00、ディナー 23:00)
定休日:なし
期間:9月ごろまで
価格:¥900(税込)
住所:福岡市中央区大名1-1-15ダイヤモンドヒルズ THE VILLAS FUKUOKA 1F
電話:092-738-1977
URL:http://fukuoka.villas.jp/restaurant.html

–––––––
鈴懸本店
5色の綺麗な暖簾が目をひく鈴懸本店。繊細で美しい和菓子を生み出してきた博多の老舗の和菓子店で、選び抜かれた大人のかき氷を堪能しよう。抹茶のほどよい苦味がおいしい「八女金時」、福岡特産イチゴを使用した「あまおう」、見た目も味も爽やかな「新生姜」の3種類。夏のうちにそれぞれ一度ずつ試してみるのはいかが?

YAMEKIN

AMAO

SYOGA

営業時間:茶舗 11:00〜20:00、菓舗 9:00〜20:00(ラストオーダー:食事 19:00、甘味 19:30)
期間:八女金時 5月上旬〜、あまおう 6月上旬〜、新生姜 7月1日〜(9月頃まで(気候による))
定休日:期間中なし
価格:¥850(新生姜)、¥890(あまおう、八女金時)(八女金時のみ練乳トッピング +¥50)
住所:福岡市博多区上川端町12-20ふくぎん博多ビル1F
電話:092-291-0050
URL:http://www.suzukake.co.jp/tenpo/honten.html

–––––––
うめのま 抹茶のカフェー
フルーツにアイスクリーム、あんみつが可愛らしく盛り付けられたうめのまのかき氷。うめのまの特徴は、「果物あんみつかき氷」にはコアントロー、「抹茶あんみつかき氷」には抹茶リキュールと、それぞれのかき氷にあったリキュールのトッピングが特別に用意されているところ。「牛乳あんみつかき氷」にはコアントローと抹茶リキュールのどちらもよく合うので、ぜひ両方試してみてほしい。ゆっくりと一口ずつ、時間をかけて楽しみたい。贅沢な、まさに大人のかき氷だ。

Screen Shot 2015-07-27 at 4.22.18 PM

Screen Shot 2015-07-27 at 4.23.39 PM

営業時間:11:00〜19:00
定休日:水曜
期間:気候による
価格:¥900(練乳 +¥100、リキュール +¥300)
住所:福岡市中央区渡辺通3-1-16
電話:092-726-6119
URL:http://umeyamateppei.com/pineapple1/

–––––––
美味伝心 かまどや
警固にあるとんがり屋根のお店”ファーム”の中にあるかまどや。ここでは、氷を作る段階で、本物のイチゴを丸のまま投入して、イチゴ入りの氷を作っている。出来上がったかき氷は甘くて新鮮なイチゴの味がし、まるでイチゴの粉雪を食べているかの様!¥150円でソフトクリームのトッピングもできるよ。

contents_6_2-1

DSC_1343

営業時間:月〜土曜 9:30〜20:00/日曜・祝日9:30~17:30
定休日:不定休
期間:10月末まで(気候による)
価格:¥400(ソフトクリーム+ ¥150、税別)
住所:福岡市中央区警固2-18-1
電話:092-716-5700
Web:http://www.poss-kyushu.com/tanken/201209/index_6.html

–––––––
おいしい氷屋
1946年創業の老舗製氷会社が、下町情緒あふれる唐人町商店街に、かき氷専門店をオープンさせた。今年4月の開店以来、買い物がてらに立ち寄る近所の主婦や、ふわふわのかき氷を求めてわざわざ足を運ぶ老若男女で賑わっている。自慢の氷は、72時間かけてゆっくり凍らせた硬度と純度の高いオリジナルブランド「博多純氷」を使用。港にある自社工場で作る”福岡産”の氷を、口に入れた時にふわりと溶けるよう、最新の氷削機で一つ一つ丁寧に削るのだ。高さ20cmほどの大きさに盛り付けられたかき氷は、口に入れるとふんわり溶け、グルメなソースの旨味も手伝ってペロリと食べてしまう。八女市星野村の香り高い抹茶を使った濃厚なソースのほろ苦さと練乳の甘みがマッチした和の定番「八女抹茶」や、きな粉と蜂蜜、自家製ミルクで仕上げたクリーミーな「きなこ」など現在8種が揃う。この「ふんわり」な口当たりをぜひご堪能あれ。

fn212 cafe oishi koriya COLLAGE

営業:11:00~18:00(L.O. 17:50)
定休:月曜、第二・第四火曜
価格:八女抹茶¥750、苺ミルク¥750、おいしいきな粉¥750、おいしいコーヒー¥750、リゾートマンゴー¥750、自家製ミルク¥550
所在:福岡市中央区唐人町1-4-13
電話:092-731-7250
URL:http://oishiikoori.com/

–––––––
蜂楽饅頭
西新商店街からすぐのところにある、福岡で最も愛されているかき氷のひとつといっても過言ではないかき氷を作っている蜂楽饅頭。1日に579カップものかき氷が売れたとという、大人気店だ。柔らかな氷のレシピは50年の歴史をもつという。国産蜂蜜を使った自家製シロップに練乳を加え、爽やか爽やかな青に色付けされた名物”コバルトアイス”はたったの¥300!

horaku manju

営業時間:10:00〜19:00(もしくは売切れまで)
定休日:火曜日
期間:9月頃まで
価格:¥250〜¥450
住所:福岡市早良区西新4-9-18-1
電話:092-822-5599
URL:http://www.houraku.co.jp

–––––––
岩井屋
愛宕神社に店舗を構える、100年以上の歴史をもつ甘味茶屋。福岡のかき氷のパイオニアとも言えるお店の自慢は自家製のあんこ。「抹茶大納言」を試してみよう。小さなスパークリング花火がついてくるこのかき氷は、子供も大人も自然と笑顔にさせる。今年はかき氷つきの「あんパフェ」も人気だ。真夏の暑い日に愛宕神社の長い階段を上ったあとは、岩井屋の冷んやりかき氷で自分へのご褒美を!

iwaiya_resized

kakigori 2014 west 038

営業時間:月〜土曜 9:00〜18:30/日曜・祝日 8:30〜18:30(ラストオーダー18:00)
期間:夏限定(〜9月末)
価格:¥750(抹茶大納言小サイズ)、¥1,000(抹茶大納言)、¥800(あんパフェ)
住所:福岡市西区愛宕2-6-33
電話:092-881-0304

–––––––
加美家製菓
唐人町商店街に佇む創業300年の老舗。人気メニューの宇治金時は注文ごとに京都抹茶を点て、かき氷にかけてくれる!その他、黒糖きな粉や、ミルク金時といった、歴史ある和菓子屋さんのこだわりの材料で作った和テイストのかき氷を堪能できる。お店には日本庭園もあり、かき氷片手に日本の風情ある夏を楽しめる。

kamiya

営業時間:9:00〜18:30(ラストオーダー18:00)
定休日:なし
期間:9月末頃まで
価格:¥350〜¥600
住所:福岡市中央区唐人町1-2-19
電話:092-751-1250
URL:http://www.kamiyaseika.co.jp/index.html

–––––––
川端ぜんざい広場
博多の最も古い商店街で、しっかり甘いのがポイントの川端ぜんざいを作り続けているお店。夏にはひんやり、「こおりぜんざい」が販売される。ぜんざいだけでなく、博多祇園山笠で実際に使われる走る飾り山笠「八番山笠上川端通」が置いてあることでも有名。かき氷と一緒に博多の文化に触れることができる。

Screen Shot 2014-07-28 at 4.29.29 PM

営業時間:金・土・日曜 11:00〜18:00
定休日:月〜木曜
期間:9月末頃まで(予定)
価格:¥500(税込)
住所:福岡市博多区上川端町10-256
電話:092-281-6223
URL:http://www.hakata.or.jp/zenzai.htm

–––––––
村上家
糸島の山奥で誕生した村上家の「白雪の花」。白糸の滝の源泉から生まれた日本初の味の付いたこのかき氷は、雪のような食感で口の中で優しく溶けていく。種類は抹茶ぜんざいやチョコバナナといったユニークなものまで10種類あり、さらにコーヒーやあずきといったトッピングをのせることができる。

kakigori murakami 2014 037

kakigori murakami 2014 070

kakigori murakami 2014 019

営業時間:10:00〜17:00
期間:ゴールデンウィークから10月末まで
価格:¥650〜¥800(トッピング + ¥100〜)
住所:糸島市白糸426-1
電話:092-321-2334
URL:http://ameblo.jp/sirayukinohana2016/

–––––––
パッパライライ
けやき通りからひとつ奥に入ったところに、日本の古民家を彷彿させるカフェ&ベーカリーがある。店内は美しくリノベーションが施されており、高い天井、コンクリートの床と壁がもともとあった木の梁や手作りの木製家具と絶妙にマッチしている。ここでも夏の間、かき氷を楽しむことができる。昔ながらのかき氷器を使って作るかき氷に、凍ったフルーツのトッピングやシロップをかけて召し上がれ!

image

image_1

営業時間:11:30〜18:00(ラストオーダー 17:00)
定休日:木・金曜
期間:9月頃まで
価格:¥850〜¥950
住所:福岡市中央区赤坂2-2-22
電話:092-406-9361
URL:http://papparayray.petit.cc/lime/

–––––––
スウィートスノウ スウィートブルックリン
今年はスウィートブルックリンに登場したスウィートスノウ。定番のいちごやミルクのほか、マンゴーやココアなど、様々な味のかき氷がイートイン、持ち帰りともに可能。台湾スタイルの”タピオカミルクティー”は、イートインで杏仁豆腐が特別に付いてくる!さらに、イートインでは全てのかき氷に温かいお茶がついてくる。大名という街にふさわしい、個性的でクリエイティブなかき氷を楽しもう!

11012429_943275889028951_5674354903266575399_n

営業時間:12:00〜20:00
定休日:月曜
期間:未定
価格:¥400〜¥900
住所:福岡市中央区大名1-3-51
電話:092-713-7666
URL:http://sweetsnow.jp、https://ja-jp.facebook.com/swwtsnowjp

––––––––––––––––––––
注意:掲載情報は2016年06月時点のものです。これらの情報等が主催者によって変更される場合がございますので、変更等にお気づきの際にはフクオカ・ナウまでご連絡ください。

Page Top