福岡の新鮮野菜

然に恵まれた福岡は、生産地と都市部が近く、新鮮な食材が豊富だ。野菜や魚、肉など、豊かな自然環境を活かした生産方法を採用する生産者も多く、「食」の重要性を理解する消費者からの支持もあつい。

巷には、多くの青果を扱う店舗があるが、今回は、独自の選択眼をもって商品をセレクトする店舗を紹介する。各々の店の特徴やこだわりを知り、自分のお気に入りを見つけて、地産地消を楽しもう!

veggiefukuoka

自然食品の店「ファーム」

住所: 福岡市中央区警固2-18-1
電話: 092-716-5700
営業時間:
<1F 自然食品の店ファーム、farmのパン工房、かまどや>
平日:9:30〜20:00
日祝:9:30〜17:30
* 不定休
<2F レストラン キッチン・ふぁーむ>
11:30〜16:30 (ラストオーダー15 : 30)
* 日・祝定休日
URL: http://farm-1.net

1_nw98-farm-113-4-1024x768

温故知新をモットーに、昔から伝わる手作りの食品や無添加の食材、そして自然の持つ生命力を生かすべく、オーガニック認定を受けた畑から有機農産物や特別栽培の野菜を熊本を中心に、福岡、佐賀から仕入れている。パン工房やレストランも併設しており、かまどで炊いたご飯や天然酵母のパン、旬の野菜を使ったランチを天井の高い広々とした店内で食べることができる。熊本県産の有機JAS認証の野菜8種の宅配(¥2,600)も人気。

ファーム店内01

ファーム店内03

–––––––
ナチュラルファーム +ココン
住所: 福岡市中央区大名1-12-56 THE SHOPS 1F
電話: 092-752-8228
営業時間: 11 : 30~21:00
定休日: 不定休
URL: http://ameblo.jp/vegecocon808/

fn185 cocon daytime 261

大名の街中にある「食べるジュース・飲むサラダ」をコンセプトにした屋台風の青果店。季節の果物や野菜はもちろん、旬の果物を手絞りしたジュースやスムージーなど、気軽に楽しむことができる野菜やフルーツが店頭に並ぶ。気さくで親しみやすい店主との会話も楽しみつつ、オススメの焼芋やソフトクリームを頬張るもよし。旅行者や外国人にも人気のヘルシーな休憩スポットとして覚えておきたい。

fn185 cocon daytime 269

fn185 veggie shops 1 126

–––––––
まん菜や
住所: 福岡市中央区草香江2-8-3-1F
電話: 092-739-2577
営業時間: 10:00〜19:00
定休日: 日
URL: http://mansaiya.blog72.fc2.com / https://www.facebook.com/mansaikusagae
fn185 veggie mansaiya 18

柳川の市場や、個人農家から直接仕入れるため、新鮮な青果を安価で提供する人気の青果店。価格表には産地も併記され、時おり入る店主のコメントについ手が出てしまう。店主自らがブログで提供する丁寧な商品情報も人気。普段手に入らないような野菜が並ぶことも多く、調理方法や食べ方を尋ねながら献立を考えてもいい。同店の青果を使う焼肉店を経営する牧場直送の黒毛和牛も常連が狙う人気商品だ。
fn185 veggie mansaiya 12

fn185 veggie mansaiya 20

–––––––
808+
住所: 博多区綱場町8-13木梨ビル1Fガレージ内
電話: 090-2502-2226
営業時間: 14:00頃〜18:30頃
開店:月、木

fn185 veggie Emiko 005

店主が選び抜いた有機無農薬で栽培する農家の野菜を直接仕入れて販売する移動販売所。毎週月曜と木曜のみ、綱場町の韓国料理店駐車場に出店する。古賀市の朝取り卵や同店の野菜でつくったぬか漬けや惣菜、天然酵母と野菜でつくったパンも人気。気さくな店主の人柄に惹かれ、開店と同時に次々と客がやってくる。誰もが安心して食べられる野菜は、多くの幼稚園や飲食店にも毎日届けられている。

Screen Shot 2014-04-11 at 3.43.59 PM

fn185 veggie Emiko 006

–––––––
伊都安蔵里
住所: 糸島市川付882
電話: 092-322-2222
営業時間: 10:00〜17:30
定休日: 第2・第4火曜日
URL: http://itoaguri.jp

fn185 veggie ito agri 19

醤油蔵として使われていた昭和初期の古建築を復元・改装した伊都安蔵里。農薬無使用有機野菜、減農薬野菜、自然農野菜など、農家から直接届くおすそわけ野菜が、安心と美味しさにこだわってセレクトされた食材と共に1階の土間で販売される。二ッケ(シナモン)の葉や山菜など、近くで採れた旬のものを見つけるのも楽しい。店舗奥の座敷では、科学調味料を一切使用しない一汁三菜のお昼の御膳(¥1,300)や、併設するカフェでオーガニック珈琲などが楽しめる。

fn185 veggie ito agri 22

fn185 veggie ito agri 25

fn185 veggie ito agri 30

–––––––
マキイ
住所: 福岡市中央区平尾5-19-1
電話: 092-522-7000
営業時間: 24時間営業
定休日: 無
URL: http://www.makii.com/index.html

fn185 veggie makii 28

福岡市西区宮浦の自家農園や佐賀市富士町菖蒲地区の契約農家で完全無農薬、無肥料で育てられた生で食べても安心な野菜や米を販売する24時間営業のスーパーマーケット。昔ながらの製法でつくられた厳選された豊富な種類の調味料や食材、添加物や保存料を一切使わない弁当や惣菜、ケーキ、天然酵母を使ったパンなど、店内で手作りされる商品も人気。こだわり食材を取り扱う食料店の福岡の先駆け的存在でもある。

fn185 veggie makii 1

fn185 veggie makii 8

fn185 veggie makii 10

–––––––
かいぶつくん
住所: 中央区大名2-12-10
電話: 092-739-2231
営業時間: 9 : 00〜19 : 00
定休日: 日祝

fn185 veggie kaibutsu 376
ユニークな店名と常に人だかりができている店舗に吸い込まれるように入ると、とにかく価格の安さに驚かされる。地下鉄赤坂駅から降りてすぐという立地も良い。農協が管理する青果の中から、同店基準にあう品質と価格が一致する物のみを仕入れることで、驚きの価格での提供が実現するのだとか。「八百屋の鉄人、かいぶつくん」は、荒戸、竹下、警固、高宮と福岡市中心部に全5店舗ある。黄色の看板が目印だ。

fn185 veggie kaibutsu 377

fn185 veggie kaibutsu 369

–––––––
JA糸島産直市場 伊都菜彩
住所: 糸島市波多江567
電話: 092-324-3131
営業時間: 9:00〜18:00
定休日: 年始のみ
URL: http://www.ja-itoshima.or.jp/itosaisai/

fn185 veggie ito sai sai 27

糸島産の農産物を新鮮で安く消費者に届けるためにつくられたJA糸島直営の直売所。直売施設としては九州最大級の売り場面積(1,268m2)に、約1,200人もの生産者から毎日持ち込まれる農畜産物がずらりと並ぶ。旬の野菜や果物の他、魚肉や花、手づくりの惣菜やスイーツ、パンなどプロも仕入れに通う圧巻の品揃え。週末となると多くの人で賑わう郊外の人気ショッピングスポットだ。

fn185 veggie ito sai sai 48

fn185 veggie ito sai sai 14

–––––––
湾岸市場
住所: 福岡市博多区築港本町13-6
電話: 092-292-7595
営業時間: 平日10:00〜20:00 土日祝 9:00〜20:00
URL: http://www.baysideplace.jp/shop/shop_wanganichiba.php

IMG_3315 ロードトレイン1

ベイサイドプレイス博多内にある、新鮮な海産物、精肉、野菜、果物の他、地域限定の調味料や菓子、酒など、豊富な品揃えが自慢の大型店舗。お土産を購入するにも最適の場所だ。約200坪の売り場には、玄界灘で獲れた新鮮な魚介類や地元の野菜が並ぶ。それら食材をつかって調理される刺身や寿司、弁当などの惣菜も人気が高い。

IMG_3750-18

IMG_3751-19

–––––––
田中野菜店
住所: 中央区春吉2-6-3
電話: 092-741-8787
営業時間: 7:00〜17:00
定休日: 日祝
URL: http://yanagibashi-rengo.com/shop/42.html

fn183 yanagibashi 505

博多の台所、柳橋連合市場内にある野菜店。福岡市内の著名飲食店の料理人たちも仕入れに足を運んでおり、旬よりも一足早い野菜や、稀少な日本各地の青果があるのもこの店の特徴。2メートル近くもある自然薯やフレッシュのヤングコーンなど稀少な食材は料亭御用達。粒が揃った「あまおう」など、外国人旅行者が大量購入に訪れることも多いのだとか。英語を話す店主とのかけあいも楽しみの一つ。

fn183 yanagibashi 542

fn183 yanagibashi 543

–––––––
西新リヤカー部隊
住所: 早良区西新4丁目、西新中央商店街
営業時間: 13:00〜売り切れ次第終了
URL: https://yokanavi.com/jp/landmark/index/291

fn185 veggie Emiko 023

西新中央商店街の代名詞ともなっているリヤカー部隊。平日13時頃になると旬の野菜や果物、山菜や魚介類などを満載したリヤカーが商店街の真ん中に列をなす。能古島や早良区、西区の農家や漁師から仕入れたり、自身でつくった農産物などを運んできてリヤカーで販売する行商も、最盛期には100台以上が並んでいたというが今や出店するのは12,3台に。掘り立ての筍や作り立ての餅、美味しい食べ方を尋ねたり、人情味溢れる買い物風景がここにある。

fn185 veggie Emiko 024

fn185 veggie Emiko 022

–––––––
アプテカ
住所: 福津市奴山1213-2
電話: 080-3227-0599
営業時間: 12:00〜17:00 土日のみ
定休日: 月〜金
URL: http://tcf-a.net/index.html

fn185 in fukuoka silvio 032

福津に暮らすイタリア人と日本人の夫婦が営む週末のみオープンする農家直営ショップ。オーナー夫妻が育てる無農薬・減農薬のイタリア野菜や、近くの農家で自然農法で育てられた野菜や米の他、天然酵母のパンやマクロビオティックの卵やバター、白砂糖を使わないお菓子など、安全をキーワードにした体にやさしい商品が揃う。広大で自然豊かな畑に囲まれた立地は、ドライブがてらに訪れるもいい。イタリアと日本の野菜とパスタのセット(3,240円)などオンラインショップ(http://tcf-a.net/online/index.html)で購入もできる。

fn185 in fukuoka silvio 059

APUTEC


より大きな地図で Vegetable Guide を表示

–––––––
Originally published in Fukuoka Now Magazine (fn185, May. 2014)

Page Top