Food & Drink

グリリア・ディ・ガエターノ

リルとお酒がコンセプトのシックなレストランバー
押しも押されもせぬ人気店ガエターノの新店が9月にオープンした。キッチンとバーを臨むカウンター席と、テーブル&テラス席の計60席程の店内には、イタリア産を中心に常備300本のワインボトルを直に見ながら選ぶことができるウォークインセラーがある。席に着いたらまずは“泡もの”で喉を潤し、前菜をつまみつつワインを選び、温菜、グリル料理と進み、お腹具合をみてパスタ、もしくは食後酒とチーズやデザートをいただくのが店長、高松謙太郎さんお薦めの楽しみ方だ。自慢のグリルは、福岡県宗像で米を食べて育った牧場直売の牛肉を使用。塊肉を炭火でじっくり焼き、しっかりと旨味が引き出された赤身をぜひ味わいたい。日によってサーロイン(2,500円/100g〜)だったりTボーンなど部位が異なるので、メニューを見ながらスタッフと相談して決めるのもいい。肉も野菜も食材の大半は近くで育ったものを生産者から直接仕入れるため、店長とシェフが店に揃った食材をみて毎日メニューを決めている。この日の前菜盛り合わせは、マッシュルームのスフォルマート、鯖と秋なすのカルパッチョ、豚と蛸のパプリカ詰め。いずれも旬の食材をふんだんに使ったイタリアンだ。好みの食材でパスタを作ってもらったり、お酒目当てにバーとして出かけたり、美味しいものを楽しく堪能したい大人に都合のいい店だ。

グリリア・ディ・ガエターノ
住所:福岡市中央区今泉1-2-8 ANDON 1B号室
営業時間:18:00~26:00
定休日:日曜日、第一月曜日
電話:092-713-5077

メニュー: 前菜の盛り合わせ1,600円、バーニャカウダ1,000円、ピクルス400円、チーズの盛り合わせ1,000円〜、パスタ1,300円〜、自家製サルシッチャ1,000円、ガエターノハンバーグ2,200円、デザート各種600円、生ビール600円、グラスシャンパン1,000円、グラスワイン600円〜

Originally published in Fukuoka Now Magazine (fn191, Nov. 2014)

Category
Western
Fukuoka City
Tenjin
Published: Oct 27, 2014 / Last Updated: Jul 4, 2017

ページトップに戻る