Now Reports

博多で初めてのカフェとチョコ

1934年(昭和9年)に開業した福岡最古の喫茶店が「ブラジレイロ」です。開業当初は中洲の橋のたもとにあり、2階建ての白亜の建物が人目を引いていました。火野葦平、原田種夫など、多くの九州の文学者に愛されて文化サロン的な役割を果たす場所でもありました。当時の建物は撤去されてしまいましたが、現在は博多区店屋町に移転して、老舗喫茶店として今も営業しています。

ブラジレイロは、もともとブラジル・サンパウロ州のコーヒー局がブラジルコーヒーの宣伝をするために開いたものです。伝統のクラシックブレンドのコーヒーをゆっくり味わえる店内には、昔の写真やポスターなどが飾られ、内装もどこか懐かしい雰囲気。また洋食がおいしいことでも定評があり、ここにしかないラグビーボール型の「ミンチカツレツ」などが人気となっています。

コーヒーによく合うものといえばチョコレート。現在のブラジレイロがある店屋町は、博多初のチョコレート専門店がオープンした場所でもあります。その名も「チョコレートショップ」。1942年(昭和17年)の創業で、今の本店は創業地からほど近い網場町に移転しています。さらに福岡市内にいくつか店があるのに加えて、本場パリにもチョコレートのブティックを出しています。

創業者の佐野源作は、東京のホテルで見習いコックとして働いていたときにトリュフチョコレートと出会い、衝撃的なおいしさにチョコレート職人を目指すことを決心します。戦後の混乱を極めた時代にあっても本格的なチョコレートにこだわり続け、やがて全国的な有名店になりました。今は2代目が志を受け継いで、たくさんの人に愛されるチョコレートやお菓子を作り続けています。

Category
Food & Drink
Fukuoka City
Hakata
Published: Oct 27, 2020 / Last Updated: Oct 27, 2020

ページトップに戻る