2013年第4回外国人スター誕生出場者

2013年第4回外国人スター誕生出場者:¥100,000は誰の手に?!
最終オーディションに残った7組の才能あふれる外国人パフォーマーの皆さんおめでとう!
ザ・ロスト・アモア・オブ・バルトモア 1974(ザ・ラブ)、マニーシャ・バストーラ、ミン・フー、ジャン=シャルル・シェンケール 、アサイラム、カリエンタ・ルエダ・チーム、アンドリュー・フリスビーの気になるプロフィールは要チェック!

–––––––

ザ・ロスト・アモア・オブ・バルトモア 1974(ザ・ラブ)
国籍:カナダ/アメリカ
在住:福岡県小郡市

image-5 copy
ボーカルのジャレッドとギター担当のカーティスのユニークなコンビ、“The Lost Armoire of Baltimore: 1974 (The LAB)”。北米出身の2人は、語学学校の生徒として勉学に励むかたわら、幼い頃から慣れ親しんだ音楽で、The LABとして今回のスター誕生に挑む。日本語と英語ミックスの彼らのステージは、3分間のオリジナルソング「Zashiki Warashi」が披露される。

–––––––
アサイラム(ニコラス・ガルシア)
国籍:アメリカ
在住:長崎県佐々市

Asylum2
テキサス生まれのラッパーAsylum。ロックとヒップホップ調のラップで人々を魅了する。2012年には14曲収録したLP「Coalesce」をリリース。クラシカルな歌詞をラップで表現する彼の音楽は、地元の佐世保をはじめ、福岡や熊本で馴染みのサウンドとなりつつある。今回のステージで披露される彼のオリジナル曲に乞うご期待!

–––––––
カリエンタ・ルエダ・チーム
国籍:チェコ共和国/メキシコ/イギリス/アメリカ
在住:大分県別府市

Calienta Rueda
大分では先生や講師の4人が、情熱的なラテンダンスを披露!サルサ、ヨガ、ベリーダンスやラテンダンスを各々が習い、国籍もダンスもミックスしたハーモニーと、何よりも彼ら自身が楽しんでいることが直に伝わってくる。スター誕生のファイナルステージでは、2組のカップルのコミュニケーションを、魅力溢れるダンスと音楽で披露してくれる。

–––––––
ミン・フー
国籍:中国
在住:福岡

humin copy
シンガーソングライターを目指すミンが披露するのは、洋楽ポップをアレンジしたアコースティックギターでの弾き語り。場所も時間も問わず、天神のストリートでも練習を重ねてきた彼は、この外国人スター誕生のステージでは、なんとレディーガガの曲をアコースティックで披露する。

–––––––
マニーシャ・バストーラ
国籍:ネパール
在住:福岡

Manisha
民族衣装が似合うネパール出身のマルチタレント、マニーシャが今回披露するのは舞踊。子供の頃から踊ることが大好きで、母国ネパールではダンスコンテストに何度も出場し、上位3位には必ず入賞したという実力の持ち主。今回のスター誕生で唯一の女性タレントとして出場するマニーシャ、はたして新たな外国人スター誕生となるか?

–––––––
ジャン=シャルル・シェンケール
国籍:フランス
在住:福岡/パリ

Jean Charles
アンスティチュ・フランセ九州の副館長ジャン=シャルル・シェンケールが美声を披露!6年間にわたってクラシカルヴォーカルレッスンを受けた経験をもつ彼が、歌で会場を魅了する。エモーショナルなフランスの歌が大好きな、フランス人の彼が歌う曲は“Les Champs-Elysées”。歌うことが人生の喜びだと感じてほしい。

–––––––
アンドリュー・フリスビー
国籍:アメリカ
在住:長崎県佐世保市

Andrew
18年にもわたる歌唱経験と6年間のピアノ経験を持ち合わせるアメリカ出身のアンドリュー。高校では聖歌隊で喉をならし、2011年に日本に来てからは、佐世保基地の教会でバンドメンバーとして歌唱力を披露するなど、幅広い活躍が自慢。今回のスター誕生ではHootie and the Blowfishの“Let Her Cry”を歌い上げる。

–––––––

この才能あふれる7組のパフォーマンスは見逃せない!10月5日は是非友達を誘って、スター誕生の瞬間をみんなでシェアしよう。
前売り券にのみドリンクチケット付。オンライン、博多駅総合案内所にて¥1,500絶賛販売中。イベントの詳細は▶ http://fukuoka-now.com/gaikokujin-star-tanjo/

Page Top