Events

特集展示 織物に魅せられて – 加賀前田家伝来の名物裂 –

START: Dec 1, 2020 END: Jan 24, 2021

の湯の広まりとともに、舶来の古くて美しい染織品を蒐集する文化が花開いた室町時代。今も大切に保管されている古裂(こぎれ)のうち、16世紀頃までに日本に渡ってきた、とりわけ古くて貴重なものの多くが茶人に愛された由緒ある織物であることから、「名物裂(めいぶつぎれ)」と呼ばれる。本展では、文化政策に力を入れ、加賀文化の礎を築いた前田家第3代・前田利常が集めた名物裂など、豪華絢爛な織物が展示される。

鴻池家伝来裂箪笥 13~17世紀 個人蔵[展示期間:通期(仕覆は2週間ごとに展示替え)]

・2020年12月1日(火)〜2021年1月24日(日)
(前期2020年12月1日〜12月23日、後期2021年1月1日〜1月24日)* 一部を除き、作品は前期・後期で展示替え。
・休館:月曜、12月24日〜12月31日、1月12日(*1月11日(月祝)は開館)
・9:30〜17:00(最終入館16:30)
・一般¥700、大学生¥350、高校生以下・満70歳以上無料
・九州国立博物館
福岡県太宰府市石坂4-7-2
050-5542-8600
https://www.kyuhaku.jp/exhibition/exhibition_pre168.html

注意:行事やイベントなどに参加する際には、新型コロナをはじめ、ウイルス感染拡大予防対策(三密回避、マスク着用、体調不良時や濃厚接触の可能性がある場合の参加自粛など)を各自が責任をもって講じましょう。また、イベント掲載時には最新の情報を主催者に確認しておりますが、その後イベント状況が変更になっている場合があります。参加の際は、事前に主催者webページなどの確認をおすすめします。

撫子蛍文様金襴(部分)16世紀 京都国立博物館 [展示期間:前期(令和2年12月1日~12月23日)]

Category
Published: Dec 18, 2020 / Last Updated: Jan 13, 2021

ページトップに戻る