Now Reports

長崎県松浦市 – 1泊2日の旅

© Matsuura-shi Tourism Bureau

棚田や海、島々が一緒にうつる美しい景色。長崎近郊に住むツーリングやカメラが好きな人なら、一度は目にしたことがあるはずの光景が、長崎県松浦市にある。2月後半の冷たく澄んだ空気が心地よい快晴の週末、松浦に博多駅からバスで向かった。車窓から海や田畑ののどかで美しい景色を楽しみながら西へと向かうこと約1.5時間。唐津から鷹島肥前大橋(2009年開通)を渡ると、伊万里湾に浮かぶ周囲17.1㎢の離島「鷹島」に到着する。

matsuura, nagasaki, tour, rice field

matsuura, nagasaki, tour

この自然豊かで美しい鷹島には、1281年弘安の役(元寇)の際、暴風により4,000隻もの元軍の軍船が沈没したとされる場所が南岸にあり、日本で初めての海底遺跡として国史跡に指定されている。橋を渡ってすぐの場所にある「松浦市立埋蔵文化財センター」には、鷹島周辺の海底での調査と引き揚げ作業による数多くの元寇遺物の展示がある。

matsuura, nagasaki, tour

matsuura, nagasaki, tour

今回、旅気分を盛り上げるために鷹島(船唐津港)からは、松浦市民の足でもあるフェリー(¥580)で御厨港へ。matsuura, nagasaki, tour

フェリーでの移動中、海を見ながら、漁獲量日本一を誇るアジや、トラフグを使った特注のお弁当でランチ。鷹島では松浦でとれた魚を3種類以上入れた海鮮丼「魚島来(おとこ)めし」や、名産のアジを使ったアジフライ、ブリ丼もなど、豊富なシーフードを使った料理が名物だ。

matsuura, nagasaki, tour

 

matsuura, nagasaki, tour, ar

matsuura, nagasaki, tour, ar

スマホアプリ「AR蒙古襲来」では、元寇時、世界最大と言われた元の大船団が目の前に存在しているかのような体験ができるので、事前にダウンロードしておくといい。(日本語、英語、中文繁体字、中文簡体字、韓国語対応)

matsuura, nagasaki, tour, ar

鷹島周辺の海は、トラフグをはじめ魚の養殖が盛ん。水質、気候に加え、餌や製品の出荷などの面において、漁場としての好条件がそろっている。

matsuura, nagasaki, tour, naginata

本土到着後に向かったのは、今回のツアーのハイライト「なぎなた体験」!講師は、高校総体団体3位の実績をもち、小中学生向けにもなぎなたを教える松浦市役所職員の川田そらさん。

matsuura, nagasaki, tour, naginata

心身の鍛錬と精神修行によって心身ともに調和のとれた人材育成を目的に、昭和初期は女学校や師範学校で教科に採用されていたなぎなた。道着に着替えて武道としての礼儀や姿勢を最初に教えてもらいます。なぎなたの扱い方(両足ついて両手で掴む)、礼、黙想についてなど、一から学ぶ武道は、神聖で興味深く、外国人だけでなく日本人初心者にとっても貴重な体験だ。

matsuura, nagasaki, tour, naginata

matsuura, nagasaki, tour, naginata

matsuura, nagasaki, tour, naginata

一通りの動作を学んだ後は、道着姿のまま神社に出かけて記念撮影。体験中は緊張していたせいか、ここぞとばかりに大はしゃぎ…

matsuura, nagasaki, tour, naginata

matsuura, nagasaki, tour, shodo, calligraphy

なぎなたの他にも、お習字、和菓子作り、松浦産のお茶を使った美味しいお茶の入れ方など、地元の人に和の文化を教えてもらう体験コースにチャレンジ。

matsuura, nagasaki, tour, wagashi, nerikiri

イギリス人参加者のアイラも、和菓子作りは初体験。講師は松浦市にある和菓子屋の職人さん。matsuura, nagasaki, tour, wagashi, nerikiri

matsuura, nagasaki, tour, tea

matsuura, nagasaki, tour, wagashi, tea

matsuura, nagasaki, tour, wagashi, nerikiri

このような体験プログラムを通じて、知らないことや経験したことがないことに触れることができるのはもちろん、地元の人と交流ができるのも魅力の一つ。観光地・景勝地を巡りだけでない、ディープな旅を実現することができる。

matsuura, nagasaki, tour, japanese food

初日をたっぷり楽しんだ後は、夜ご飯。今回は特別に、禅寺・寿昌寺を会場に、松浦市在住の若手らがプロデュースした豪華ディナー会に参加。matsuura, nagasaki, tour, japanese food

車海老の養殖も盛んな松浦市。味はもちろん、ムーディな演出に会場からはどよめきが…matsuura, nagasaki, tour, japanese food

matsuura, nagasaki, tour, japanese food

matsuura, nagasaki, tour, japanese food

フレンチシェフを招き、松浦産の旬の食材を使って繰り広げられるガストロノミーは、松浦っ子の意気込みを感じるのに十分すぎるほどの内容。目も舌も心も満たされる至福のひと時だ。

matsuura, nagasaki, tour, japanese food

matsuura, nagasaki, tour, japanese food

松浦で育てられたエディブルフラワーが添えられた美しいサラダ。

食事の締めは、自然農法で育てられた有機米を、土鍋で炊いたシラスご飯。はち切れんばかりに食べたはずなのに、お代わりする人続出。matsuura, nagasaki, tour, japanese food

 

満足すぎる夜を終え、新たな朝は、昨晩美味しい食事の会場にもなった禅寺で「座禅」体験。

姿勢を整え『調身』、呼吸を整え『調息』、そして、心が整う『調心』、の基本を住職に学びます。日々の習慣として取り入れる人が増えているのも納得するほど、座禅後は清々しい心地よさを得ることができる。

ちなみに、ここ寿昌寺は、平安時代から戦国時代にこの地で組織され、水軍として有名な松浦氏の武士団の連合「松浦党」の雄と呼ばれた志佐氏の菩提寺(お墓がある寺) 。

matsuura, nagasaki, tour, temple, buddhist, meditation

 

matsuura, nagasaki, tour, temple, buddhist, meditation

旅の締めには、道の駅「松浦海のふるさと館」に立ち寄って松浦産の食材をお土産に。アジ、サバの水揚げ日本一を誇る松浦魚市場のお膝元だけに、新鮮な海鮮も魅力的。つなぎを一切使わず「アジ」など単一種類の魚を「塩」だけで練り上げた『かまぼこ』など、こだわりの商品もおすすめ。

また、周囲は美しい松並木と海を眺めることができるので、弁当を買い求めて海辺で食べるのもいい。

matsuura, nagasaki, tour, japanese food

matsuura, nagasaki, tour

 

魚も肉も、野菜も果物も、豊かな自然で育まれる松浦市。福岡市からは車やバイクで行くのが便利。美しい景色をあちこちで楽しみ、地元の食を楽しむ日帰り(1泊2日でも!)旅行は、九州の田舎を満喫できるに違いない。

 

松浦市立埋蔵文化財センター
長崎県松浦市鷹島町神崎免151
・Tel.:0955-48-2098
・営業:9:00~17:00
・休館:月曜(月曜が休日の際は翌日以降の平日)、年末年始(12月29日~1月3日)
・入場料:¥310(小中高¥140)

鷹島汽船有限会社
鷹島(松浦市)阿翁〜黒島(松浦市)〜船唐津(松浦市)〜青島(松浦市)〜御厨(松浦市)に至る航路距離19km、航海時間75分の航路
・運賃:¥580(船唐津〜御厨)
・詳細:http://www.city-matsuura.jp/www/contents/1314677648878/
・船唐津港(長崎県松浦市鷹島町舩唐津免
・御厨港(長崎県松浦市御厨町里免846-6

寿昌寺
長崎県松浦市志佐町里免293-1

松浦海のふるさと館
長崎県松浦市志佐町庄野免226-30
・Tel.:0120-062-004
・営業:8:30~19:00(12月31日8:30~17:00、1月1日9:00~12:00)
・無休

長崎県松浦市(観光サイト)
http://matsuura-guide.com/

Category
Places
Nagasaki Prefecture
Published: Mar 18, 2019 / Last Updated: Mar 18, 2019

ページトップに戻る