Food & Drink

酎厨や プーラヴィータ

国・宮崎の郷土料理が満喫できる創作居酒屋
九州は広い。地続きながら、宮崎の料理は福岡の料理とは味覚がまったく異なる。一般的に宮崎は福岡よりも「甘濃い」味付けが好まれる。福岡にいながら宮崎の名物料理が楽しめる店が、大名の路地にある。店の代表の益留さんは、宮崎の都城出身。東京で多国籍料理の店を手掛けた後、中南米を旅し見聞を広げた。そんな経験がこの店の料理に一風変わった個性を与えている。益留さんが自身のアイデンティティとまで語る宮崎料理は、なじみがない人でも食べやすい洗練された味付け。看板メニューのチキン南蛮(¥780・ハーフ¥630)は、揚げた宮崎産の鶏の胸肉に10種類の調味料を使ったタルタルソースがたっぷりとかかっている。さわやかな後味のタルタルソースのおかげで、大ボリュームにかかわらずペロリと平らげてしまう。「甘濃い」だけではない繊細さがこの店の料理にはあるのだ。宮崎料理のほかにもトムヤムクン炙りもつ鍋(1人前¥1,680・注文は2人前〜)など、創作料理も充実している。また、宮崎の地ビール「ひでじビール」を樽生で飲めるのは福岡ではこの店だけ。英語、韓国語、ドイツ語、スペイン語を話すスタッフがいるので、外国人も安心して料理を楽しめる。

Menu
地鶏の炭火焼¥980
宮崎牛の炭火炙りおろしポン酢¥1,200
肉巻きおにぎり¥480
冷や汁¥580
メキシコ風ピザ¥980(ハーフ¥630)
明太子のスモーク¥480
生ビール(ジョッキ)¥530

酎厨や プーラヴィータ

Address: 福岡市中央区大名1-3-23 葵ビル1F
Tel:092-724-4117
営業時間:18:00〜01:00(LO 24:00)、金土・祝前日18:00〜03:00(LO 02:00)、日祝18:00〜24:00(LO 23:00)
定休日:なし

Originally published in Fukuoka Now magazine (fn153 Sep. 2011)

Category
Japanese
Fukuoka City
Tenjin
Published: Sep 1, 2011 / Last Updated: Jul 5, 2017

ページトップに戻る