Food & Drink

フリスコ・バーガー


アメリカのソウルフード、炭焼きパティのハンバーガー
具材に趣向を凝らしたグルメバーガー、ワンコインで気軽に食べられるファストフードのハンバーガー。そのどちらでもない、アメリカで昔から愛されてきた原点とも言えるハンバーガーの専門店が今年の7月、東京の下北沢から舞鶴の路地裏、雑居ビルの奥に移転オープンした。カウンターと二つのテーブルがあるこじんまりとした店内には炭火の香りが漂い、カウンターの向こうの炭焼きグリルの前では店主の森崎さんが腕を振るう。19歳でカリフォルニアに渡ってのち約38年をアメリカで過ごした森崎さん。60年代の味を忠実に再現したいという彼の強い思いから生み出されるハンバーガーは実にシンプルだ。メニューはハンバーガーとチーズバーガーのみで、注文を受けてからパティを成形し、バンズと一緒に塩コショウのみでじっくり焼き上げる。真っ赤に焼けた炭に肉汁がしたたって起こる煙でスモークされたパティには余計な油がなく、大きさからは想像できない軽い口当たりだ。具材はタマネギ、トマト、レタス、ピクルスのみ。肉が主役のバーガーだが、一気に頬張ると噛み締めるごとに素材一つ一つの味わいが舌の上に広がる。長たらしい説明は不要。大きく口を開けてまずはひと口。豪快にアメリカのソウルフードを体験しよう。

Menu
ハンバーガー¥950、チーズバーガー¥1,050、ドラフトビール¥600、ハンバーガーセット¥1,500(ポテト、ドリンク付)
※2019年10月1日以降、消費税率変更に伴い価格の変更がある場合があります。

Originally published in Fukuoka Now magazine (fn156 Dec. 2011)

フリスコ・バーガー
Address : 福岡市中央区舞鶴1−9−11ハリウッドビル1階の奥 [ MAP ]
Open : 10:00〜19:30(変更する可能性あり)
Close : 火曜
Category
Western
Chuo-ku
Fukuoka City
Published: Dec 1, 2011 / Last Updated: Sep 19, 2019

ページトップに戻る