Now Reports

福岡ひまわりガイド 2020

っ青な夏の空に向かって、まっすぐに咲く鮮やかな黄色が美しいひまわりの花。夏を象徴するかのような色鮮やかなコンビネーションは、開花から2週間ほどが見頃だ(開花から時間が経つにつれて、中心部分の種が熟れて重くなり、首をもたげてしまう…)。ライトアップされるひまわり園もあるので、気温が下がった頃に鑑賞に出かけるのもおすすめ。

のこのしまアイランドパーク

姪浜渡船場からフェリーで10分の能古島の自然公園「のこのしまアイランドパーク」。マリーゴールドとバトンタッチで満開を迎えるのは5万本のひまわりだ。種を蒔く時期をずらして時間差で咲かせるため、平均より長い期間、ひまわりの花を鑑賞できる。開花期間中は夏の日差しをたっぷりと浴びたひまわりの摘み取り体験も行っているので、切り花として持ち帰ることもできる(ハサミや袋、軍手は各自持参)。

・見頃:7月下旬~8月下旬(天候や気候により変更になる場合あり)
・ひまわり摘み取り(1人1本無料):7月23日(木)〜8月23日(日)
・7000 m2、約5万本
・営業時間:9:00〜17:30(日祝日は18:30まで開園)
・定休:無し
・駐車場:姪浜渡船場347台(1日¥500)
・入園料:大人¥1,200、小・中学生¥600、3歳以上¥400
・姪浜渡船場より福岡市営フェリーで能古島へ10分→能古渡船場から西鉄バス「アイランドパーク」行きで15分 終点下車
福岡市西区 能古島アイランドパーク
092-881-2494
http://www.nokonoshima.com

ひょうたん島公園

公園の南に位置するクリークに囲まれた場所が「ひょうたん」の形に似ている、南北約700m、一周1.8kmのひょうたん島公園。水辺の植物や小魚、野鳥など自然の生物がたくさん生息しており、夏には、約25万本ものひまわりを楽しむことができる。今年は恒例の「ひまわりまつり」は中止だけれど、期間限定でひまわりを摘み取って持ち帰ることができる。(ハサミや袋、軍手は各自持参)

・見頃:7月下旬~8月上旬
・1.2 ha、約25万本
・ひまわりの摘み取り(本数制限無し):8月1日(土)〜8月7日(金)
・定休:無
・駐車場:90台(無料)
・入園料:無料
・佐賀駅バスセンターから市営バス「56番兵庫・久保泉工業団地行き」バスに乗車、下渕バス停下車、徒歩約5分
佐賀市兵庫町大字渕4413
0952-36-9039(四季のめぐみ館)
https://www.city.saga.lg.jp/main/4377.html

山田ひまわり園

11月中旬から見頃を迎える遅咲きのひまわり畑。夏のひまわりとは一味違う趣で、何よりも涼しいので鑑賞にも適している。山間の棚田に咲く大輪のひまわりの黄色と、鷹取山のハゼの紅葉、そして晩秋の青空のカラーコンビネーションが美しい。特に土日祝日は、この風景を写真に収めようとカメラ愛好家や観光客で賑わう。また週末は、地元農家による採れたて野菜や軽食の販売なども行われる。

・見頃:10月下旬〜11月中旬
・開園日:11月1日(日)~11月30日(月)
・6,000 m2、10万本
・営業時間:10:00〜16:00
・定休:無
・駐車場:第一駐車場:乗用車30台、大型バス3台程度/第二駐車場:乗用車80台、大型バス5台程度(無料)
・入園料:¥100(清掃協力金)
・県道31号線(川久保線)綾部東交差点を北へ車で約3分
佐賀県三養基郡みやき町大字簑原(山田水辺公園そば)
0942-96-4208(みやき町観光協会)
http://www.miyakikankou.jp/main/36.html

杷木大ひまわり畑

田畑が続く国道を走ると現れる黄色の絨毯。道の駅「原鶴ファームステーションバサロ」の前に広がる、高さ2メートル程のひまわり群は圧巻の光景だ。毎年恒例のひまわりフェアでは、ひまわりの切り取り販売が行われ、畑の中から好みのひまわりの花を選ぶこともできる。フェア詳細は、道の駅のFacebookにて公開予定。

・見頃:9月上旬〜9月中旬
・ひまわりフェア:開催未定。決定次第Facebookにて告知予定。
・1.6 ha、16万本
・営業時間:8:30〜17:30
・定休:年末年始
・駐車場:205台、大型車4台(無料)
・入園料:無料
・大分自動車道「杷木インターチェンジ」より車で約5分、高速バス「杷木バス停」で朝倉街道方面へ乗り換え「上原鶴バス停」で下車
福岡県朝倉市杷木久喜宮1665-1
0946-63-3888(道の駅原鶴ファームステーションバサロ)
http://fs-basaro.jp/

筑前町ファーマーズマーケットみなみの里

夜須高原の山々を背景に四季の花を楽しむことができる、直売所「みなみの里」の隣に広がる花畑。春は菜の花、秋はコスモス、夏のお盆の時期はひまわりが咲き誇る。地域で採れる旬の野菜や果物、惣菜などが販売されている直売所で買い物して、ピクニックがてらひまわり鑑賞を楽しめる。

・見頃:8月上旬〜8月中旬
・開園日:8月10日前後(予定)開花情報、ひまわり摘み取りイベントの詳細はFacebookにて随時告知予定。
・4,000 m2、約4万本
・営業時間:9:00〜17:00
・定休:第3水曜
・駐車場:小型127台、大型12台(無料)
・入園料:無料
・西鉄電車で「朝倉街道駅」下車、バスに乗り換え朝倉市方面へ。「篠隈バス停」下車後、タクシー利用で約10分。
福岡県朝倉郡筑前町三並866
0946-42-8115(みなみの里)
http://chikuzen-minaminosato.jp/

おおとう桜街道 花公園

1億円(!)をかけて作られた話題の高級トイレや、親子で楽しめる遊園施設、温泉施設など、1日中楽しめる道の駅おおとう桜街道。隣接する1.2 haもの広大な花公園には、夏季はひまわりが咲き誇る。園の中央にある高さ8mのレインボー展望台からは、一帯に広がるひまわり畑を360度見渡すことができる。

・見頃:7月中旬〜8月上旬
・1.2 ha、20万本
・営業時間:9:00〜17:00
・定休:不定休
・駐車場:500台(無料)
・入園料:無料
・九州自動車道八幡ICから約35分
福岡県田川郡大任町大字今任原1339
0947-63-3000
http://www.f-chousonkai.gr.jp/sight/detail176.html

くじゅう花公園

500種類異常もの花々をシーズンごとに楽しめる西日本最大級の花公園。鮮やかな黄色のひまわりは、8月上旬から約1カ月ほど見頃を迎える。久住連山や阿蘇五岳に囲まれる広い敷地は、森のエリアや花畑エリア、野草エリアなど見応え十分。ひまわりと同じ時期に、リラックスできる香りを漂わせるラベンダーやケイトウも見頃を迎える。

・見頃:8月上旬〜8月下旬
・3,000本
・営業時間:8:30〜17:30
・定休:無
・駐車場:300台(無料)
・入園料:大人¥1,300、小・中学生¥500
・JR豊肥本線「豊後竹田駅」から竹田交通バスで約20分「久住支所前」下車
大分県竹田市久住町大字久住405
0974-76-1422
http://www.hanakoen.com/

大地農場 孝子の里

約3万本のひまわりが満開を迎える島原半島の高台に位置する大地農場。真っ青な海を背景に、一帯に広がる黄色のひまわりのコントラストが美しい。普段はアスパラガスや玉ねぎなどを生産する畑だが、8月になると畑の地力回復のためにひまわりが植えられる。夕暮れ時にひまわり畑から見る海に沈む夕陽は絶景だ。

・見頃:8月上旬〜8月中旬
・7,000 m2、約3万本
・見学無料
・雲仙グリーンロード沿いに7.6 km
長崎県南島原市加津佐町甲2570
0957-65-6333 (南島原ひまわり観光協会)
https://www.daichnouzyou.com/

注意:掲載情報は2020年07月03日時点のものです。これらの情報等が主催者によって変更される場合がございますので、変更等にお気づきの際にはフクオカ・ナウまでご連絡ください。

Category
Guides
Fukuoka Prefecture
Saga Prefecture
Published: Jul 14, 2020 / Last Updated: Aug 11, 2020

ページトップに戻る