Food & Drink

濃厚担担麺 博多 昊

12月で4周年を迎えた昊(おおぞら)。店主の松村安基さんが銀座で食べた担担麺に惚れ込み、暖簾分けで実現した博多昊の担担麺は、汁ありと汁なしの2種類。

Hakata ozora tantanmen noodle with soup, 博多昊の濃厚担担麺

鶏ガラスープにしっかり泡立てたゴマペーストをたっぷり加えたふんわりリッチなスープが特徴の汁あり担担麺は、もちっとした中太の麺と相性がいい。スープをたっぷり絡めた麺を口に入れると、胡麻の風味が広がったかと思うと、軽やかなしびれを感じる花椒(ホアジャオ)と、風味豊かな辛味の五香ラー油が主張を始める。

トッピングのピーナッツとパクチーは、食感と爽快感をアクセントとして加えてくれ、全体を絶妙なバランスでまとめている。多様な刺激が順追って訪れる、個性的な担担麺を求めて、遠方から足を運ぶ客がいるというのも納得だ。

本場中国の担担麺のスタイルである汁なしの方は、卵白多めの太麺のもちっとした食感を楽しみながら、肉味噌をしっかり絡めて食べる。途中、卓上にある酢をかけて味変を楽しんでもいい。

Tantanmen with seared cheese 濃厚担担麺炙りチーズのせ

店の常連からヒントを得た「炙りチーズのせ」や納豆トッピングなど、濃厚な坦々麺には、濃厚なトッピングとの相性がいい。昊のオリジナルレシピがおすすめではあるが、「好きなように食べてほしい」と店主の思いから、辛味の調節や、パクチー抜きや増量など、リクエストにも心よく応えてくれる。

beef and miso on rice 坦々麺博多昊の肉味噌めし

メニュー(消費税込):濃厚担担麺¥950、汁なし担担麺¥900、納豆¥100、チーズ¥100、水餃子¥480、肉味噌めし¥380、瓶ビール¥500

*外国語メニュー:英語、韓国語、中国語簡体字、中国語繁体字 / カード:不可 / 予約:可 / 禁煙 / テイクアウト可能

Yasuki Matsumura, the owner of tantanmen Ozora 担担麺を作る店主の松村安基さん

濃厚担担麺 博多昊の店舗外観

濃厚担担麺 博多 昊(おおぞら)
Address : 福岡市中央区春吉1-7-21 [ MAP ]
Open : 11:00~15:00(L.O. 14:30)、17:00〜21:00(L.O. 20:30)
Close : 月曜
Category
Noodles
Tenjin
Published: Dec 23, 2021 / Last Updated: Dec 23, 2021

ページトップに戻る