Food & Drink

Jazz喫茶JAB

ャズとコーヒーと煙草。このスタイルを貫く古き良きジャズ喫茶JAB(ジャブ)は、天神のど真ん中に残る昭和の雰囲気漂う一角にひっそりと店を構える。1969年頃からジャズファンの拠り所として親しまれてきた同店の二代目マスター秋葉さんは、今日も膨大なコレクションの中からしなやかに選曲してレコードの針を落とす。じっと座って耳を傾ける客たちとの暗黙のコミュニケーションを楽しんでいるようだ。スピーカーはもちろんJBL。壁一面を埋め尽くすアナログレコードは、団塊の世代には懐かしく、若者にとっては新鮮に映るだろう。何も特別なことはないけれど、ドリップコーヒーをすすりながら、ゆっくり座ってじっくりと音楽に耳を傾ける、そんな至福のひとときを過ごすことができる貴重な店だ。

メニュー:
ブレンドコーヒー¥400、カフェオーレ¥450、レモンスカッシュ¥500、ジュース各¥450、エビスビール¥700、ギネスビール¥800、ハヤシライス¥600、オムライス¥700、ミートソースパスタ¥600、カレー¥600、焼きそば¥600(19:00以降全メニュー+¥100)

Originally published in Fukuoka Now Magazine (fn202, Oct. 2015)

Jazz喫茶JAB
Address : 福岡市中央区渡辺通5-2-13 [ MAP ]
Open : 12:00 ~ 24:00
Close : 日曜
Category
Cafe
Tenjin
Published: Oct 7, 2015 / Last Updated: Aug 15, 2019

ページトップに戻る