Now Reports

モダン建築やパブリックアートが点在するエリア、ももち

1990年代に整備が完成した福岡の中でも新しい街・ももちには、ビーチにホテル、大型商業施設や博物館など、遊べる施設がギュッと詰まっている。街中には公園やパブリックアートが点在し、「世界の建築家通り」と名付けられた一角には、著名な建築家が設計したビルが並ぶ。歩道は街路樹で覆われ、きれいに整備されているので、ゆっくり散策するにもおすすめのエリアだ。

Presented by SEAHAWK GALLERIA
海辺のリゾートホテル、ヒルトン福岡シーホークに隣接するショッピングアーケード、シーホークギャレリアの協力でお届けします。

Momochi Now – シーサイドももちの”今”を配信中!

世界の建築家通り

百道通り交差点から北側に、黒川紀章やスタンリー・タイガーマンなど、世界の7人の建築家による集合住宅や商業施設が集まる一角がある。マイケル・グレイブスが設計した朱色の建物と、黒川紀章の設計のインターナショナルスクールを通りのゲートに見立てると、スタンリー・タイガーマンの集合住宅、美川淳而、出江寛、木島安史、葉祥栄と続く。
▷ Seahawk Galleriaから徒歩20分程度

ネクサス百道M棟

写真提供:福岡市

分類:集合住宅
設計:マイケル・グレイヴス
築年月:1989年11月
マップ:https://goo.gl/maps/sZGhtFwGX3afu2T4A

ポストモダン建築を代表するアメリカの建築家、グレイヴスによる建築物は、絶妙な色彩と洗練されたデザインで、一際目を引く。海沿いに建つNEXUS Momochi Residential Toweや、博多駅東のホテル「ザ・ベーシックス福岡(旧ハイアット リージェンシー福岡)」など、グレイヴス作品は福岡でも複数みることができる。

福岡インターナショナルスクール別館


分類:商業施設
設計:黒川紀章
築年月:1989年
マップ:https://goo.gl/maps/w4wYspwjzwZvQ2bd9

現在は、福岡インターナショナルスクールの別館として使用されている黒川紀章設計による建物。一時期は福岡銀行として使われていたことも。ちなみに、PayPayドーム3Fデッキ周辺には、著名人の原寸大の手のモニュメント「暖手(だんて)」が集まる広場があり、黒川紀章の暖手と握手ができる。
https://www.softbankhawks.co.jp/pc/stadium/facilities/dante.html

ネクサス百道S棟


分類:集合住宅
設計:スタンリー・タイガーマン
築年月:1989年11月
マップ:https://goo.gl/maps/CMLkTL2YQMMxMmVz7

シカゴ生まれのアメリカ人建築家、スタンリー・タイガーマン。教育者でもあった彼によるデザインコンセプトは「理想とそれを手に入れようとするむなしい試みの対立」。

シーサイドももちアルティコートA館


分類:集合住宅
設計:出江寛
築年月:1989年11月
マップ:https://goo.gl/maps/NKttbCjWEF1WSsEz6

シーサイドももちアルティコートB館


分類:集合住宅
設計:美川淳而、鮎川透
築年月:1989年11月
マップ:https://goo.gl/maps/1tfHyTaCiDiT2Y8k8

パブリックアート

福岡市には、草間彌生やキース・ヘリングなど国内外のアーティストが手掛けたパブリックアートが街中に点在する。中でも、ゆとりある街としてデザインされたシーサイドももち地区には、バリー・フラナガンなどの著名アーティストによるものから、ピンクのプードルなどインパクトあるもの、アジア太平洋博覧会に由来するインドのアートなど、17のパブリックアートが点在する。

プードル


作者:申 明銀(シン・ミョンウン)
制作:1996年
所在:博物館北口バス停側
マップ:https://goo.gl/maps/HXbDrBER4DnPZ87Y6
▷ Seahawk Galleriaから徒歩11分程度

風船のような丸いフォルムが印象的なピンクのプードル。ビジネス街に突然現れ、大きな存在感を放っている。

ノスタルジア・オブ・サーキュレーション


作者:崔 在銀(チェ・ジェウン)
制作:1996年
所在:博物館北口バス停側
マップ:https://goo.gl/maps/HXbDrBER4DnPZ87Y6
▷ Seahawk Galleriaから徒歩11分程度

見る角度によって様々な形を楽しめる紺碧の円盤4枚によるオブジェ。

大きな愛の鳥


作者:ニキ・ド・サンファル
制作:1993年
所在:地行中央公園
マップ:https://goo.gl/maps/vpbGQzErfBFEQxEq6
▷ Seahawk Galleriaから徒歩3分程度

エジプト神話に登場する鷹の姿をした神・ホルスと、ギリシャ神話の愛を司る神・キューピットの二つのシンボルが結合した、フランスのアーティストによる色彩鮮やかな作品。

木の精

作者:ドゥルーヴァ・ミストリー
制作:1993年
所在:地行中央公園
マップ:https://goo.gl/maps/vpbGQzErfBFEQxEq6
▷ Seahawk Galleriaから徒歩3分程度

インドで生まれ、イギリスで活動するアーティストによる作品。インド彫刻独特の伝統的な美しさを太くまろやかな曲線で表現したブロンズ作品。

向波容


作者:清水久兵衛
制作:1996年
所在:RKB毎日放送前
マップ:https://goo.gl/maps/5ZZSoHuzvc1Mnx4C6
▷ Seahawk Galleriaから徒歩13分程度

緑に囲まれる鳥居にも見えるこの作品は、RKB毎日放送の電波と海の波を人が重なり支える姿を表している。

ウォーターランド


作者:菊竹清文
制作:1989年
所在:百道中央公園
マップ:https://goo.gl/maps/k2pk6aLV7SJ52gUi8
▷ Seahawk Galleriaから徒歩16分程度

久留米出身のアーティスト・菊竹清文の作品。シーサイドももちエリアが開発されるきっかけとなった博覧会・よかトピアに合わせて作られた作品だ。

サザエさん通り


所在:脇山交差点〜シーサイドももち海浜公園
マップ:https://goo.gl/maps/mDUDXRKL5ULrjody8
▷ Seahawk Galleriaから徒歩15分程度

国民的人気漫画「サザエさん」は、作者の長谷川町子が百道の海岸を散歩しながら登場人物の名前を発案したんだとか。福岡市博物館隣の「サザエさん通り」をはじめ、百道地区にはサザエさんに因んだモニュメントが点在している。

Seahawk Galleria

海辺のリゾートホテル、ヒルトン福岡シーホークに隣接する屋内ショッピングアーケード「シーホークギャレリア」には、アクセサリーや雑貨、日用品、お土産など計24の多彩なショップが並ぶ。Paypayドーム側からアクセスできる24時間営業のコンビニエンスストアもあり、ももちエリア散策の際の拠点として活用したい。

所在:福岡市中央区地行浜2-2-3
営業時間:10:00〜20:00(FamilyMart / 24時間)
公式webサイト:http://seahawk-galleria.com/

フロアマップ

百道の今を発信 – Momochi Now!
ビーチやパブリックアート 、博物館にタワーなど注目のシーサイドももちエリアの最新情報を毎月発信中。
特集一覧はこちら>> https://www.fukuoka-now.com/ja/momochi-now/

Category
Art & Culture
Guides
Fukuoka City
Momochi / Nishijin
Published: May 27, 2020 / Last Updated: Jul 28, 2020

Comments are closed.

ページトップに戻る