Now Reports

Momochi Now!

ーチ沿いにタワーやドーム、高層ホテルが立ち並び、福岡のシンボル的景観を誇るももちエリア。ここは、1989年に開催された「アジア太平洋博覧会」に合わせて造成された埋立地で、高層ビルや高級マンション、博物館、医療センターやショッピングモールなど大型施設が揃うモダンなエリアだ。近代的な街並とリゾートが共存し、サンセットやイルミネーションなど美しい景色にも出会える。

Presented by SEAHAWK GALLERIA
Momochi Nowは、海辺のリゾートホテル・ヒルトン福岡シーホークに隣接するショッピングアーケード、シーホークギャレリアの協力でお届けします。

ももちエリアに新登場『E・ZO FUKUOKA』


いまだかつていない体験と興奮を!複合エンターテイメント施設、Exciting Entertainment Zone – E・ZO FUKUOKA(いーぞふくおか)が7月21日にオープンした。シーサイドももちエリアの中でも、PayPayドーム、シーホークギャレリア、ヒルトン福岡シーホーク、マークイズがギュッと詰まったゾーンに新たに加わったのは、エンタメコンテンツが集結した7階建の施設。最上階の8階ルーフトップには、眺めも気分も爽快な注目の体験型アトラクションが登場!

暑い日も雨の日もももち。



7月21日には大型複合エンタメ施設・E・ZO FUKUOKA(イーゾ フクオカ)が開業する注目のももち地区。海や砂浜も、タワーもドームも集結するこの地域、実はいつ訪れても何かがあることを知っておきたい。今回は、抜群に涼しい福岡市博物館、世界各国の雑誌や新聞も見放題の総合図書館など、知っておくと便利な場所に行ってきました。

モダン建築やパブリックアートが点在するエリア、ももち


1990年代に整備が完成した福岡の中でも新しい街・ももちには、ビーチにホテル、大型商業施設や博物館など、遊べる施設がギュッと詰まっている。街中には公園やパブリックアートが点在し、「世界の建築家通り」と名付けられた一角には、著名な建築家が設計したビルが並ぶ。歩道は街路樹で覆われ、きれいに整備されているので、ゆっくり散策するにもおすすめのエリアだ。

ビーチで遊ぼう!


福岡の都心部からも近く、市民の憩いの場でもあるビーチ・ももち浜。周囲には、福岡タワーやPayPayドーム、福岡市博物館など福岡のランドマークが建ち並ぶ。砂浜で遊んだり、ボードウォークを歩いたり、マリンスポーツを楽しんだり!ももち浜海浜公園は、玄界灘にしずむ夕陽を眺めるのにも最適な場所だ。

Category
Guides
Momochi / Nishijin
Published: Mar 15, 2020 / Last Updated: Jul 28, 2020

Comments are closed.

ページトップに戻る