Events

特集展示 天神縁起の世界

START: Feb 3, 2021 END: Mar 29, 2021

宰府天満宮に祀られ、天神さまとして親しまれる菅原道真公にまつわる物語を「天神縁起」という。栄達を極めながら大宰府に左遷され、不遇のうちに亡くなるという波乱万丈の人生に加え、没後には神として祀られ、人々に語り継がれる。この「天神縁起」は、後に各地域ゆかりの説話や場所を盛り込んだ「ご当地縁起」に発展し、天神さまをより身近な存在にした。近年、福岡において天神縁起の発見が相次いだことを契機に、当展示では、ご当地縁起の代表作例である「松崎天神縁起絵巻」(重要文化財)や、太宰府天満宮ゆかりの天神縁起が展示される。

重要文化財 松崎天神縁起絵巻 巻第6(部分)鎌倉時代・応長元年(1311)山口・防府天満宮所蔵 展示期間:前期(2月2日~2月28日)

・2021年2月2日(火)〜2021年3月28日(日)
(前期2021年2月2日〜2月28日、後期2021年3月2日〜3月28日)* 一部を除き、作品は前期・後期で展示替え。
・休館:月曜
・9:30〜17:00(最終入館16:30)
・一般¥700、大学生¥350、高校生以下・満70歳以上無料
・九州国立博物館
福岡県太宰府市石坂4-7-2
050-5542-8600
https://www.kyuhaku.jp/exhibition/exhibition_pre170.html

注意:行事やイベントなどに参加する際には、新型コロナをはじめ、ウイルス感染拡大予防対策(三密回避、マスク着用、体調不良時や濃厚接触の可能性がある場合の参加自粛など)を各自が責任をもって講じましょう。また、イベント掲載時には最新の情報を主催者に確認しておりますが、その後イベント状況が変更になっている場合があります。参加の際は、事前に主催者webページなどの確認をおすすめします。

重要文化財 天満宮安楽寺草創日記(部分)角東北院信順筆 室町時代・永録2年(1559)写 福岡・太宰府天満宮所蔵

Category
Published: Feb 12, 2021 / Last Updated: Feb 12, 2021

ページトップに戻る