Now Reports

初詣ガイド 2017-2018

Oshougatsu

新年を迎えてはじめて神社や寺院に参拝し、一年の感謝や、新年の安全と平和を祈願する初詣(はつもうで)。お参りの後は、社務所でお守りや破魔矢を求めたり、絵馬に願い事や目標を書いたりして、心新たに新年を迎えよう!西日本地域の風習、三が日に三つの寺社を詣でる「三社参り」には、NOW初詣ガイドで好みの寺社を選んで効率よく回ろう!


素材:photoAC


護国神社
約3,000本の献木で造成された人口の杜は、福岡都市圏の鎮守の杜。喧噪を逃れ、静けさに包まれた境内は、清々しい雰囲気を醸し出している。直径160cmのヒノキで作られた高さ13m、日本屈指の大きさを誇る木造の鳥居はこの神社のシンボルだ。

例年、元旦には20万人もの参拝客が訪れ、参道には約20店舗の露店がならび、ちょっとしたお祭り気分も味わうことができる。豪華景品が当たる「福みくじ」も人気がある。

お正月情報:
12月31日(日):大祓式14:00、除夜祭15:00
1月1日(月):歳旦祭
1月2日(火):二日祭
1月3日(水):元始祭
1月7日(日):昭和天皇武蔵野御陵遥拝式9:00、七草祭10:00(祭典終了後、七草粥を限定300杯(1杯100円)で販売)。

三が日参拝時間:9:00〜17:00 
所在:福岡市中央区六本松1-1-1
アクセス:大濠公園より徒歩5分、西鉄バス「護国神社前」前
問合せ:092-741-2555
http://fukuoka-gokoku.jp


警固神社
200年創建、と歴史は古く、1608年に今の鴻臚館跡から警固公園隣の現在地に移された警固神社。百貨店やビルが林立する天神の中心にありながら、境内には穏やかな空気が流れ、幅広い年齢層が足を運ぶ。

元旦の0時に門が開き、新年のお神酒が振る舞われる。福岡の中心地・天神に位置するため、カウントダウンパーティ終わりに3社参りの1社目として訪れる参拝客も多い。成人の日(1月8日)に行われる「どんど焼き祭り」では、正月を飾ったしめ縄や飾り物を焼き、一年の無病息災と家内安全を祈願する。10時頃からの開催で、あたたかいぜんざいの振る舞いもある。

お正月情報:
1月1日(月)歳旦祭:00:00〜
1月3日(水)元始祭
1月8日(月)どんど焼き祭10:00〜

三が日参拝時間:終日
所在:福岡市中央区天神2-2-20
アクセス:福岡市営地下鉄「天神」駅より徒歩3分、西鉄バス「天神警固神社・三越前」より徒歩1分、西鉄電車「福岡(天神)駅」より徒歩1分
問合せ:092-771-8551
http://www.kegojinja.or.jp/


櫛田神社
博多の総鎮守として「お櫛田さん」の名で親しまれている神社。その起源は757年にまでさかのぼる。博多を代表する祭りの一つとして全国的にも有名な博多祇園山笠が毎年7月に奉納され、境内では年中飾り山を見ることができる。

商売繁盛、不老長寿など、多数のご利益をもつため毎年1日〜3日の三が日には約15万人以上の人が初詣に訪れる。博多座のチケットや有名ホテルの食事券などが当たる福みくじ(¥500)も7日ごろまで販売する。

お正月情報:
お正月情報:
12月31日(日)大祓式16:00、除夜祭23:00
1月1日(月):歳旦祭
1月3日(水)元始祭

三が日参拝時間:終日
所在:福岡市博多区上川端町1-41
アクセス:福岡市営地下鉄「祇園」駅または「中洲川端」駅より徒歩5分
問合せ:092-291-2951
http://hakatanomiryoku.com/


宮地嶽神社
1700年の歴史を誇る福津市の宮地嶽神社は、全国に鎮座する宮地嶽神社の総本宮。ここには日本一の石室古墳をはじめ、 日本最大級の大注連縄や大太鼓、大鈴がある。「何事にも打ち勝つ開運の神」が宿るとされ、多くの人々の信仰を集め、年間220万人以上が参拝に訪れる。

午前0時、新年の幕開けを告げる大太鼓の音が境内に鳴り響く。

お正月情報:
12月31日(日)大祓式・鎮火祭・除夜祭17:00
1月1日(月):歳旦祭00:00

三ヶ日参拝時間:終日(お店は19:00まで)
所在:福津市宮司元町7-1
アクセス:JR福間駅よりバスで5分(徒歩25分)、西鉄バス「宮地嶽神社前」より徒歩5分
問合せ:0940-52-0016
http://www.miyajidake.or.jp


筥崎宮
日本三大八幡宮に数えられる筥崎宮。西暦923年建立の歴史を誇り、毎年9月には、博多三大祭りのひとつ、放生会(ほうじょうや)が行われるなど、季節ごとの祭事には多くの人で賑わう。境内にある神苑花庭園では、本格的な日本庭園を楽しむことができる。

元旦はたくさんの出店と参拝者で賑わう筥崎宮。縁起物やお米、旅行券、商品券が当たる空くじなしの鳩みくじ(¥300)は人気が高く、元旦から1月14日頃まで販売される。

お正月情報:
12月31日:大祓祭15:00、なまこ餅つき19:00
1月1日:三元祭7:00
1月3日:玉取祭(たませせり)

三が日参拝時間:終日
所在:福岡市東区箱崎1-22-1
アクセス:福岡市営地下鉄「筥崎宮前」駅より徒歩3分(1番出口)
     JR箱崎駅より徒歩8分
     西鉄バス「箱崎」より徒歩3分、「JR箱崎一丁目」より徒歩2分
問合せ:092-641-7431
http://www.hakozakigu.or.jp/index.php


鳥飼八幡宮
応神天皇と神功皇后、縁結びの神である玉依姫尊がご祭神で、福岡城西側の氏神として崇敬されている。「むすびの神」として知られており、男女・仕事・家族・学業・健康長寿など様々な良縁を願う参拝者が多く訪れる。境内末社には天満宮があり、学業祈願の参拝者も多い。新年初めの祈願は元旦より受け付けている。

元旦には2018年の干支(戌)の縁起物が当たる開運福みくじ(¥500)が販売される。

お正月情報:
1月1日:歳旦祭00:00〜

三が日参拝時間:終日
所在:福岡市中央区今川2-1-17
アクセス:西鉄バス「地行」より徒歩1分、福岡市営地下鉄「唐人町」駅より徒歩8分
問合せ:092-741-7823
http://hachimansama.jp


櫻井神社
1632年に建設され、本殿・拝殿・楼門は福岡県の重要文化財に指定されている。糸島の象徴である二見が浦の鳥居は櫻井神社のもので、毎年4〜5月頃に、氏子らが浜から夫婦岩まで歩き、重さ1tのしめ縄を新しく掛けかえる「大しめ縄掛祭」が行われる。

三が日は普段閉まっている岩戸宮が特別に開かれる。1年を占うおみくじ(¥20)のほか、リラックマみくじ(¥300)や、陶器のストラップ守が付いた「とんぼ玉みくじ」(¥300)が販売される。

お正月情報:
12月31日(日):大祓式・除夜歳22:00〜
1月1日(月):日向祭00:00、岩戸開き00:00

三が日参拝時間:終日
所在:糸島市志摩桜井4227
アクセス:車
問合せ:092-327-0317
http://sakuraijinja.com


高良大社
1600年以上の歴史がある筑後国一の宮、高良大社。境内には幅約17m、高さ13m、奥行き32mの神社建築としては九州最大級の社殿がある。柿葺で建立年次が明らかな社殿としては大変重要で、現在は国の重要文化財に指定されている。

大晦日には、年内の罪穢れを人形にうつし祓い清める神事「年越大祓」が行われる(参加費¥1,000)。元旦0時には大太鼓の号鼓を合図に「神火祭」を行い、年頭最初の祈願祭も開催。1月3日には高良大社名物「鰤雑煮接待(ぶりぞうにせったい)」が催され、地元の人が作ったあたたかい鰤がメインの雑煮が参拝者に振舞われる。

お正月情報:
12月31日(日):年越大祓15:00
1月1日(月):神火祭00:00
1月3日(水):鰤雑煮接待10:00

三が日参拝時間:終日
所在:久留米市御井町一番地
アクセス:九大線「久留米大学前」より15分
問合せ:0942-43-4893
http://www.kourataisya.or.jp


愛宕神社
日本三大愛宕のひとつである西区の愛宕山の山頂に鎮座する愛宕神社は、歴史は古く、創始は西暦72年。桜と紅葉、そして「初日の出」の名所でもある。境内からはドームやタワー、玄界灘など福岡の絶景を見渡すことができ、知る人ぞ知る、福岡の観光名所として参拝客や観光客で賑わう。

元旦〜1月8日までの新春初詣の期間は、毎年70万人もの人で賑わう。元旦の午前3時より世界平和と国家安泰を祈願する「元旦祭」が開催され、だるまや招き猫などの縁起物が当たる空クジなしの「愛宕くじ(¥1,500)」も販売される。

お正月情報:
12月31日(日):大祓式15:00、除夜祭23:00
1月1日(月):元旦祭3:00

三が日参拝時間:終日
所在:福岡市西区愛宕2丁目7-1
アクセス:福岡市営地下鉄「室見」駅より徒歩10分、西鉄バス「愛宕神社前」
問合せ:092-881-0103
http://atagojinjya.com/


太宰府天満宮
菅原道真公が祀られている神社。「学問・至誠・厄除けの神様」として、福岡を代表する観光名所として、日本国内はもとより広く世界中から、年間約800万人の参拝者が訪れる。境内では梅や菖蒲などの季節ごとに咲き誇る花々が楽しめる他、祭事や神事が催される。天満宮に向かう参道には、名物の梅ヶ枝餅や土産品などを扱う店舗が立ち並ぶ。

三が日には西日本一の人出を誇る太宰府天満宮。宮大工の仕事始めにあたる1月4日に「斧始祭」は、棟梁が長さ3メートルの神木に斧を打ち込み、今年1年の営繕作業の無事を祈る。テレビや旅行券が当たる新年を占う「幸運みくじ」(¥500)も7日ごろまで販売。

お正月情報:
12月31日(日):大祓式16:00、除夜歳22:30
1月1日(月):歳旦祭7:00
1月3日(水):元始祭9:00
1月4日(木):斧始祭9:30

三が日参拝時間:終日
所在:太宰府市宰府4丁目7番1号
アクセス:西鉄電車 太宰府駅より徒歩5分
問合せ:092-922-8225
http://www.dazaifutenmangu.or.jp


東長寺
唐から帰国した弘法大師によって806年に建立された由緒ある寺。福岡城主でもあった黒田家の菩提寺でもあり、現在は市指定の史跡になっている。国宝の千手観音菩薩や、輪蔵と覆屋からなる六角堂、高さ10.8m、重さ30tの日本一大きな木造(檜)坐像「福岡大仏」を所蔵することでも知られる。

大晦日の日に23:30より約1時間ほど除夜の鐘つきが行われる。一般の参拝客も参加可能で、毎年約200人が鐘をつくことができる。三が日は護摩木を焚き、新年の多幸を祈る仏事、護摩焚きが正午より執り行われる。

お正月情報:
12月31日(日):除夜祭23:30
1月1日(月)新年祈願祭12:00、14:00
1月2日(火)、3日(水):新年祈願祭12:00

三が日参拝時間:5:30〜17:00
所在:福岡市博多区御供所町2-4
アクセス:福岡市営地下鉄「祇園」駅より徒歩1分
問合せ:092-291-4459


お正月の縁起物!
新年の平隠無事を祈って、神社・お寺でのお参りや祈祷以外にも、縁起の良い出来事が起こるようにと願いを込めて、昔から物で縁起を担ぐ風習がある。そんな縁起物の中でもお正月で代表的なアイテムをいくつか紹介!

おみくじ
運勢(吉凶)を占う籤(くじ)。神社や仏閣などで販売されている。「大吉・吉・中吉・小吉・凶」といった具体に、吉凶と運勢の説明が記されている。引いたおみくじは、「縁を結ぶ」に通じるとして、境内の木や設置されている結び所に結びつける習慣がある。

hatsumode_omikuji

破魔矢
一年の幸運を射止める縁起物として神社・お寺で授与される、飾り矢。家屋を新築した際や、新生児が生まれた家に贈る習慣もある。破魔矢を飾った翌年は、授与された神社・お寺へ一年の感謝を込めて返納する。

hatsumode_hamaya

絵馬
目標や願い事を書き、神社・お寺の境内に飾る木の札。「神様の乗り物」として神聖な生き物であると考えられていた馬を神様に奉納することで願い事を叶えてもらう、という由来から、馬の絵を描いた木札が代用されるようになった。神社で購入し、願い事や、成就のお礼を書いて奉納する。

hatsumode_ema

お守り
神社・お寺で祈祷された日本古来の魔除けであり、招福や加護を願って身につけるもの。縁結びや学業成就など、神社・お寺に祀られている神様・仏様、受けたい御利益によって様々な種類がある。

hatsumode_omamori



OSHOGATSU TIP! The Right Way to Pray at a Shrine
簡単に見える神社への参拝にも、正式な作法があります。下の4つのステップを練習して、きちんと神様にご挨拶しましょう。

1. お清め
手水舎(てみずや)にて手、口を洗い、身を清めたあと、神前に進む。

2. 二拝
お賽銭を投げ、鈴を鳴らし、二回深く頭を下げて礼をする。

3. 二拍手
右手の指先が左手の指の第一関節の下にくるように二回手を打つ。この時目は閉じ、頭は下げること。静かに昨年度の幸福に対する感謝の祈りを神様に捧げよう。

4. 一拝
最後にもう一度、深く礼をする。

Originally published in Dec. 2016.
Copyright Fukuoka Now – including all text, photos and illustrations. Permission required to re-use in any form. Meanwhile, feel free to link to to this page.

NOTE: The information presented here was gathered and summarized by the Fukuoka Now staff. While we have done our best to check for accuracy, there might be errors and details may have changed. If you notice any errors or changes, please contact us. This post was updated in Dec. 2017.

Category
Art & Culture
Guides
Fukuoka Prefecture
Published: Dec 22, 2017 / Last Updated: Jan 4, 2018

Comments are closed.

ページトップに戻る