Events

新・桃山展 – 大航海時代の日本美術

START: Oct 14, 2017 END: Nov 26, 2017

砲伝来(1543年または1542年)から、徳川幕府がキリスト教を禁じ、貿易統制を布いて「鎖国」を完成させた1639年までの約100年間は、日本がヨーロッパやアジアの各地域とさまざまなかたちで積極的に交流した”大航海時代”でもあった。

今回の特別展では、目まぐるしく変化する時勢と世界規模の人・モノの往来に対して、異なる外交政策をとった三人の天下人(織田信長、豊臣秀吉、徳川家康)を案内役に、この激動の時代の歴史や美術品を新たな視点で見つめ直す。

屏風絵の影響を受け、マカオやローマなどで制作された日本初公開の「ビオンボ」や、国宝、重要文化財を含む桃山美術を象徴する名宝を一挙公開。


重要文化財 聖フランシスコ・ザビエル像
神戸市立博物館


国宝 檜図屏風 狩野永徳筆
東京国立博物館 ※展示期間:11月14日〜26日


Pine Trees (national treasure)
国宝 松林図屏風 長谷川等伯筆
東京国立博物館 ※展示期間:11月14日〜26日


重要文化財 花鳥蒔絵螺鈿聖龕
九州国立博物館


重要文化財 泰西王侯騎馬図屏風
神戸市立博物館 ※展示期間:10月14日〜11月5日

新・桃山展 – 大航海時代の日本美術
・2017年10月14日(土)〜11月26日(日)
・当日¥1,600(前売¥1,400)、高大生¥1,000(前売¥800)、小中生¥600(前売¥400)
・音声ガイド¥520(英語、中国語、韓国語)
・外国語作品キャプションあり(英語、中国語、韓国語)
・九州国立博物館
福岡県太宰府市石坂4-7-2
・日〜木:9:30〜17:00(入館〜16:30)/金・土:9:30〜20:00(入館〜19:30)
・休館:月曜
・050-5542-8600
http://www.kyuhaku.jp/

Category
Published: Oct 2, 2017 / Last Updated: Oct 2, 2017

ページトップに戻る