Food & Drink

納豆家 – 粘ランド


日本独自の食文化を語る上で、独特な香りと糸を引く粘りが特徴の「納豆」は外せない。体によい発酵食品として世界中で注目を浴びつつも、強い個性のために好みがはっきり分かれるのも事実。しかし、そんな食品にあえて特化した、全国で唯一、納豆料理専門の看板を掲げる店がここ「納豆家」だ。旬の新鮮な魚と納豆を和えた一品をはじめ、オリジナリティあふれる納豆カルボナーラ、納豆とキノコのサラダ、きな粉と納豆で特徴を出したティラミス「キナミス」など、納豆らしさを活かしたものから、納豆が入っていることをまったく意識させない料理まで、和・イタリアン・中華と幅広いジャンルの納豆メニューが常時70〜80種そろう。

年間約120種のメニューを開発する店主の赤木陽介さんは、納豆レシピ本の監修をはじめ、水戸市長から水戸市への出店や観光大使のオファーまで受けた自他共に認める納豆のスペシャリストだ。納豆好きが高じて12年前に店を立ち上げて以来、全国各地の納豆約3,000種を食べ比べ、店で使う納豆は、調理に合わせて使い分ける。納豆への熱い情熱をもつ研究熱心な店主が生み出す魅惑の納豆料理は、納豆好きはもちろん、納豆嫌いをもリピーターにさせる。ぜひ一度ご堪能あれ。
* 2014年白金に移転。写真は移転前に撮影。

メニュー: カリカリ納豆コロッケ¥609、納豆カルボナーラ¥945、納豆家チャーハン¥714、納豆とキノコのサラダ¥829、オムレツ納豆トマト添え¥680、豚の角煮納豆¥714、キナミス¥367、奇跡のチョコバナナ納豆ムース¥367、スイート納豆モンブラン¥367 、納豆アイス¥315、納豆チョコロールケーキ¥294、生ビール¥500〜

Originally published in Fukuoka Now Magazine (fn162, June 2012)

博多フードパーク納豆家粘ランド
Address : 福岡市中央区白金1-21-13 クレッセント薬院2F [ MAP ]
Open : 17:00~24:00(LO23:00)、土日祝11:30~LO15:00、17:00~24:00(LO23:00)
Close : 月曜(祝日の場合翌日)
Category
International
Chuo-ku
Published: May 30, 2012 / Last Updated: Mar 5, 2019

ページトップに戻る