Now Reports

福岡菜の花ガイド2019


冬から春に変わるタイミングは、草木に緑の新芽が息吹き、鮮やかな黄色い菜の花を見られるようになります。ひとつひとつは可憐な菜の花も、沿道や一面に咲き誇るとまるで黄色い絨毯を敷き詰めたかのように美しい。青空と黄色い花のコンビネーション、そして、場所によってはピンク色の桜も加わり、春らしさを感じることができるはず。福岡での菜の花シーズンは比較的長く、2月から4月にかけて。お弁当やスイーツをもって花見にでかけよう!

菜の花の道

地区に広がる菜の花畑は、その数なんと約500万本!前後左右、見渡す限りの菜の花は、約6万m2の花畑に広がり、まるで黄色い絨毯のようだ。ピクニックスポットとしても人気の場所で、3月17日(10:00〜15:00)には地元農産物の販売や体験イベントが行われる「なの花祭り」が開催される。

・時期:2月下旬〜3月中旬
福岡県古賀市筵内地区
・アクセス:九州自動車道古賀ICから車で約5分
・駐車場:無し(3月17日の祭り当日のみ:臨時駐車場有:無料)
092-942-1176(古賀市役所 商工政策課)
https://www.city.koga.fukuoka.jp/guide/002.php

のこのしまアイランドパーク

博多湾に浮かぶ花の名所、能古島。その中心部にあるのこのしまアイランドパークは、15万平方メートルもの広大な自然公園。一年を通じて四季折々の花が楽しめるが、春は菜の花と桜が満開だ。3月23日(土)、3月24日(日)、3月30日(土)、3月31日(日)、4月6日(土)、4月7日(日)の17:30〜20:00は、ライトアップも開催。日中のまぶしいばかりのピンク(桜)と黄色(菜の花)の彩りが、夕焼けから夜空を背景にライトアップされるまでの移り変わりを楽しめる。

・時期:3月中旬以降
福岡県福岡市西区能古島
・時間:月〜土9:00〜17:30、日・祝9:00〜18:30
・入園料:大人¥1,200、小中学生¥600、3歳以上¥400
・アクセス:福岡市姪浜渡船場からフェリー(片道:大人¥230、小人¥120)で約10分、能古島渡船場から西鉄バスで約13分
・駐車場:能古島フェリー乗船所横に有り(1日¥500)
092-881-2494(のこのしまアイランドパーク)
http://nokonoshima.com/

朝倉市杷木

朝倉市原鶴温泉近くの道の駅「原鶴・ファームステーションバサロ」の前に、約60万本の菜の花が咲き誇る。菜の花が満開になると一面黄色の菜の花のじゅうたんが広がり、写真映え間違いなし!原鶴温泉でゆっくりして、菜の花を鑑賞しながら朝倉市の特産品などのショッピングはいかが?

・メモ:今が見頃(2/22現在)
・道の駅「原鶴」ファームステーションバサロ バサロ前菜の花畑
福岡県朝倉市杷木久喜宮1665-1
・アクセス:大分自動車道「杷木IC」より車で5分
・駐車場:有り(無料)
0946-63-3888(道の駅「原鶴」ファームステーションバサロ)
http://www.city.asakura.lg.jp/www/contents/1297669446202/index.html

行橋市 長尾

長尾の田園も、春になると黄色い絨毯を敷き詰めたかのように菜の花が咲き誇る。その数なんと100万本。春の陽気で、菜の花には蝶や蜜蜂も集まりおだやかな時間が流れる。4月7日(日)9時30分から、椿市公民館横では「菜の花まつり(9:30〜14:00)」が開催され、菜の花餅や菜の花入りロールケーキ(100本限定)などが販売される。中でも、菜種から採った「なたね油」で揚げた手作りコロッケは人気の一品だ。

・時期:4月上旬〜4月中旬
福岡県行橋市長尾494
・アクセス:JR日豊本線 行橋駅 徒歩約20分
・駐車場:有り(無料)
0930-26-2155(下崎・長尾・鳥井原営農組合)
http://www.city.yukuhashi.fukuoka.jp/doc/2015010800012/#nanohana

福ふくの里

糸島でその近郊で採れた新鮮な魚と野菜を扱う直売所「福ふくの里」。 店舗の目の前に広がる農閑期の田んぼには、春になると約4万本の菜の花が咲き乱れる。菜の花畑のすぐ隣を走るJR筑肥線や、駐車場に咲く河津桜との組み合わせがフォトジェニック。満開の菜の花の甘い香りを感じながら、糸島の名産品を買ってピクニックを楽しもう!

・時期:3月上旬〜4月上旬
福岡県糸島市二丈福井6336
・アクセス:JR筑肥線福吉駅から徒歩15分
・駐車場:有り(無料)
092-326-6886(福ふくの里)
http://fukufuku-sato.com/

海の中道海浜公園

博多湾と玄界灘の2つの海に挟まれる、面積約300ヘクタールの広大な敷地を有する自然豊かなな国営公園。一年を通して季節の花々が楽しめるほか、リスザルやカピバラといった動物と触れ合うこともできる。園内では“早咲き”、“遅咲き”の2種類の菜の花を栽培しており、3月下旬からは桜の花と一緒に楽しむことが出来る。

・時期:〜4月上旬
福岡市東区大字西戸崎18-25
・開演時間:3月〜10月:9:30〜17:30、11月〜2月:9:30〜17:00
・入園料:大人¥450、65歳以上¥210、中学生以下無料
・駐車場:普通車1日¥520
092-603-1111(海の中道管理センター)
https://uminaka-park.jp/guide/

西郷川花園(さいごうがわはなえん)

約2万㎡の花園一面に菜の花が咲き誇る。山、川、田園などの、のどかな自然に囲まれた花園には東屋もあり、のんびりとした時間を過ごせる。24時間入場無料。駐車場も無料。

・時期:4月中
福津市津丸478-1
・アクセス:JR鹿児島本線「福間駅」からバスで約6分「なまずの郷公園口」下車、徒歩3分
・駐車場:有り(無料)
0940-62-5014(地域振興部 地域振興課)
http://www.city.fukutsu.lg.jp/kankou/guide/hanaen.php

馬場の山桜

水と空気が美味しいとされる場所にある「馬場の山桜」。武雄市指定天然記念物で、樹齢120年と推定される小高い丘に咲く一本桜だ。周囲には黄色の絨毯を敷いたような菜の花畑が広がるため、澄んだ青空と菜の花、桜の花を同時に見ることができるタイミングを狙いたい。

・時期:3月下旬〜4月上旬
佐賀県武雄市武内町真手野21236
・アクセス:九州自動車道武雄北方ICから車で約20分
・駐車場:無し
0954-27-2001(武内公民館)
http://www.takeo-kk.net/sightseeing/001287.php

–––––

注意:掲載情報は2019年2月時点のものです。これらの料金・条件等が主催者によって変更される場合がございますので、変更等にお気づきの際にはフクオカ・ナウまでご連絡ください。

Category
Guides
Fukuoka Prefecture
Published: Feb 25, 2019 / Last Updated: Feb 28, 2019

ページトップに戻る